セツブンソウが咲き初め 1.14更新

寒の真ん中の時候。毎日寒い。それでも外歩きしていると、日差しがしっかりしてきたのを感じる頃でもある。ユニクロのダウンを何枚も重ね着してフィールドに春を探した

_d851721_edited1_d851798_edited1
_d851754_edited1_2

地球照が見える細い月の朝。まもなく来る新月は、旧暦の正月ではなくまだ師走。大寒もまだ先、富士も真っ白で、まだまだ冬真っ只中。朝は池を氷が覆う

_d851833_edited1_2

鳥の食料も減ってきて、人気のないセンダンにもヒヨドリが群がる

_d851962_edited1_2

相変わらず冬鳥は少ない。ようやく見つけたのはジョウビタキ

_d851993_edited1

さらに探してようやくルリビタキ。冬鳥が少なく、ヒタキに出会えればうれしいが、♀タイプばかりなのが残念

_d851904_edited1_2
_d851887_edited1_d851899_edited1

そんな寂しいフィールドにも春の兆し。セツブンソウが数輪花をつけた

 

来週はもっと春が感じられるといいな。

| | コメント (0)

休暇が終わる 1.8更新

長い休みも過ぎてしまえば早いもの。これといってトピックのないフィールドの年越しだったが、言い換えれば静かな正月

_d851262_edited1_d851228_edited1
_d851248_edited1_2_d851271_edited1

元旦も凍った池が6日の朝も凍った。無風で氷点下4度まで下がり、ほぼ全面結氷。わずかな水面に200羽のヒドリガモがひしめいた

_d851304_edited1

冬鳥は引き続き少ない。キセキレイでも見つかると嬉しい

_d851528_edited1
_d851558_edited1_d851594_edited1

正月は鷹が見たい。今年はオオタカの縄張りが少し違うのか、出現が少ない。快晴の7日に1日空を見上げたが、舞ったのはハイタカのようだ

_d851685_edited2_2

週が明けると休みは終わり。夜明け前の空には木星と火星が輝く。木星の上側には衛星ガニメデと衛星カリスト、下側には衛星エウロパが見える。火星はほの赤い

 

充実した一年になるといいな。

| | コメント (0)

年初の景色 1.5更新

しずかに年が明けた。4・5日も休暇にしたから長い冬休みになっている。のんびり散歩したり、年初あいさつに出向いたり

_d850574_edited1

初日の出。今年も沢山の人が集まった

_d850770_edited1_d850829_edited1
_d850857_edited1_d850802_edited1

今冬最低ではなかったが-3度近くに冷えた。無風だったこともあり池の大半が凍っていた。元旦では記憶のない光景だった

_d850726_edited1_2

シマアジも無事年越し

_d850956_edited1_2

イカルも無事年越し

_d851148_edited1

トラツグミも年越し

_d851103_edited1_2

ジョウビタキ。いつも♀がいたところに♂がいた

_d851187_edited1_2

ルリビタキ。いつもどおり♀タイプだった

_d850893_edited1_2

元旦頃の浅間山富士見スポット。府中駅前ルシーニュに朝日が反射してこんな状況

_d850944_edited1

ちらほらロウバイも咲き始めた

_d850983_edited1_2

年初回り途中で寄った大井川鉄道。SLも日章旗

 

今年もいい年でありますように。

| | コメント (0)

大晦日 12.31更新

今年も大晦日。鳥おさめに歩いたフィールドは、久しぶりの曇り空のせいかいつもより静か。落ちついた年越しになりそうだ

_d850267_edited1_2

2017年最後の日の出。雲に隠れた夜明けだった

_d850330_edited1_2

はやにえを試みるモズ。このモズは不器用なのか結局失敗しそのまま食べてしまった

_d850385_edited1_2

失敗など素知らぬ顔のモズ。冬モズは曇りが似合う

_d850441_edited1_3

今年最後に出会ったエナガ混群

_d850514_edited1_2

混群のメンバー

冬鳥がさびしいが留鳥が癒してくれる年越しになった。

------------------------

今年は、アメリカ日食に尽きる。引き換えにしたわけではないが、山らしい山にも登らず、鳥見遠征も夏以降はゼロ。イヤーはこの十年で最低の110種、ライファはカオグロアメリカムシクイただ一種。

しかしそれも悪くない。地元フィールド密着はそれなりに楽しい。もう少し秋冬の鳥が来てくれればとも思うが、自然相手だからこんな年もある。

 

来年は、天気にも鳥にも恵まれるといいな。

| | コメント (0)

シモバシラ 12.24更新

週末に三日月が見えたので暦を調べたら月曜に新月を過ぎたところだった。旧暦では11月の初め。霜月になったということだ。ちょうど朝冷えると霜で真っ白だ。里山に行ってみるとシモバシラも育っていた

_d850117_edited1
_d850135_edited1_d850147_edited1

踏むとサクサクする霜柱とは違って、これは植物のシモバシラ。枯れた後も根が僅かに活動し、冬の前半にこのように霜柱が成長する現象がみられる

_d850187_edited1

鳥は変わりがない。ルリビタキは♀タイプのみ

_d850074_edited1_2

キツツキの音が響いた。アカゲラも山を下りているはずだが、いつものアオゲラだった

_d850168_edited1

公園の下草がきれいに刈られたためか、鳥が高いところから降りてこない。エナガも腹ばかり

_d850232_edited1

日曜の夜明けは暗かった。クリスマスイブも天気は下り坂らしい

-----------------

_d850034_edited1_2

お濠の水鳥。アメリカヒドリは♂の交雑がほとんどだが、これは♀で純粋に近そうだ

 

いよいよ年末だ。穏やかな年越しになるといいな。

| | コメント (0)

すっかり冬色 12.17更新

先週はまだ秋の色が残っていたフィールドは、一週間で落葉が一段と進み、ほとんど冬の色ーーーいいかえると殺風景になっていた。珍鳥はいないが、冬の役者はそろってきたようだ

_d859198_edited11_2

土曜の朝焼け

_d859104_edited1_d859291_edited1

細い月。わずかに地球照。野川の川霧

_d856922_edited1

朝日に染まるツグミ

_d858668_edited1_2

トラツグミとようやく遭遇。下草を刈った里山の一角に常緑樹の繁みがあり、その中にいた。証拠写真だけの殺風景な景色

_d858674_edited1_2

ルリビタキは、葉も実も落ちたクサギに来た。実が残っていないか探している

_d858722_edited1_2

シジュウカラも残る実を探す。葉が落ちてすっかり冬の色

_d858685_edited1_2

シロハラが棒杭に降りた。茶系モノトーンの冬の色

_d858863_edited1_2

アオジも見やすくなった

_d858808_edited1_2

わずかに残る秋の色。ムラサキシキブに今週もジョウビタキが来た

-----------

_d859849_2

FC東京U18が高円宮杯を制覇。トップチームは情けなかったがユース世代は頼もしい

 

もう来週はクリスマス週末。幸せな週末になるといいな。

| | コメント (0)

紫式部 12.10更新

シマアジは鳥と魚。ホトトギスは鳥と花。同じ名前が別のカテゴリーで使いまわされていてややこしい。人と木で同じ名前なのが紫式部。ムラサキの小さな木の実で趣があるが、鳥がやって来るのは他の木の実が無くなる頃。今がちょうどその時期だ

_d858509_edited1_2

ジョウビタキのメスがやってきた

_d858562_edited1_2

まだ残る黄葉を背景にすると保護色

_d858518_edited1

シロハラも来た。まだ警戒心が緩んでいないので近づけない

_d858639_edited1_3

ヒヨドリも群がる。やたらと騒がしいが近づこうとすると逃げる。警戒心が強いのか弱いのか、よく分からん鳥だ

_d858608_edited1_2

シジュウカラの声がしたが、隣のクサギに残る最後の実を探しているようだ

_d858544_edited1_2

ルリビタキはジョウビタキに追われてしまって近づいてこない

 

今のことろ近所の冬鳥は低調。そろそろ大群が来ないかな・・・。

| | コメント (0)

ナオ惜別 12.3更新

あっという間に12月。冬鳥の出だしはいまいちのまま、Jリーグも終わってしまい寂しい初冬。週末は石川直宏・ナオの引退一色になった

_d856922_edited1_3

ようやくツグミの姿が見えるようになった。朝日に輝く

_d856974_edited1_2

十月桜がまだ残る。花を散らすメジロ

_d857005_edited1_4

広がったススキの原にポツンとオオジュリン

_d857088_edited1_3

黄金に染まった池

_d857179_edited1_3

餌場に向かうヒドリガモ

----------------

_d857757_edited1

土曜日。J1最終戦後

_d858055_edited1_3

日曜日。J3最終戦でタイチのゴールをアシストし祝福を受ける

_d858122_edited1_d858154_edited1
_d858220_edited1_d858288_edited1

ウイニングボールを受け取りセレモニー

_d858342_edited1

胴上げ

 

来期は勝利の胴上げがみたい

| | コメント (0)

遅い秋晴れ 11.26更新

久しぶりに晴れた。勤労感謝の日の午後からずっと晴れ続き。天気に恵まれなかった今秋だが、晩秋最後になってようやく晴れ三昧。紅葉は終盤戦。鳥は好調とはいえないが、晴れると気持ちいい

_d856397_edited1_d856399_edited1_d856463_edited1_d856470_edited1_d856720_edited1_d856724_edited1

野川沿いに浅間山界隈まで散策。どこも綺麗な紅葉

_d856231_edited1_2

池の映り込みが最盛期

_d856699_edited1_2

ようやくアオジが姿を晒すようになった

_d856802_edited1

色合いはだんだんと寂し気

_d856837_edited1_2

木の実が減ってムラサキシキブに来るようになったメジロ

_d856784_edited1_2

クリスマスまで一カ月。カラスにも愛を感じる

_d856057_edited2

冬寸前。まだ虫が生きている。チョウゲンボウが掴んでいたのは大きなバッタ

_d856321_edited2

アメリカっぽいののアップ。1/2か1/4か・・・

_d856364_edited1_d856434_edited1

降霜に気嵐。冬が近い

 

やっぱり晴れはいいな。

| | コメント (0)

秋がさらに深まった 11.19更新

晴雨が周期的に転じて、一見それほど変わりがないようなフィールドだが、秋がさらに深まっていた。色づきが濃く枯れて柿が熟した。富士山もきりっと雪景色

_d855637_edited1_2

朝の空気の透明度があがり、山頂の小屋が見えるほど

_d855666_edited1_2
_d855678_edited1_d855826_edited1

黄葉が少し進んだ

_d855781_edited1_2
_d855797_edited1_d855803_edited1

赤い葉が増えた

_d855641_edited1_2

冬鳥は、「声はすれども姿は見えず」状態。ようやくジョウビタキが現れた

 

来週は冬鳥をたくさん見たいな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧