冬鳥いるのに夏鳥ラッシュ 4.23更新

桜が半月遅れるほど冬が長引き、4月に入っても肌寒い日が多かったが、夏鳥の渡りは例年より早い勢い。まだ冬鳥が居残っているのに、キビタキもオオルリももうピークではないか

_d818202_edited1
_d818197_edited1_d818029_edited1

まだ居る冬鳥。アトリ、シメ、ツグミ。シロハラやヒドリガモも減って来たが残っている

_d817937_edited1_d817978_edited1
_d817941_edited1_2

キンラン、ギンランも早咲きの株は開花した。そのあとに咲くはずのムサシノキスゲも数株花をつけていた

_d818416_edited1
_d818220_edited1

キビタキは多い。もみじに入った

_d817852_edited1_2

渡りの後半に多い若いキビタキがもう来ている。茶色い羽が多いので通称チャビタキ

_d818399_edited1
_d818548_edited1_d818368_edited1

オオルリは平日の木曜がピークで、もう僅かが残っているだけらしい。もしそうなら、GWはさみしいことになる?

_d817920_edited1_2

例年渡りの前半に多いアカハラも、もうわずか

_d818151_edited1_2

セッカもヨシ原に到着していた。越夏するだろうか

 

来週は待望のGW。まだ渡りの鳥が沢山見えるといいな。

| | コメント (0)

シーズン・イン 4.16更新

寒気が戻り冬のような一週間だったが、週末に春が戻った。強風の土曜日は主役不在だったが日曜日には先陣をキャッチした

_d817358_edited1_2

ソメイヨシノが桜吹雪に散らし野川は花びらだらけ

_d817172_edited1_3

上流では枝垂れが満開。昨年天候不順で不調だったが今年は綺麗。しかし例年の主役ウグイスが今年はいない

_d817201_edited1

近所の春の野の花の代表。今年のフデリンドウは株が多いが大株が見当たらない

_d817215_edited1_d817235_edited1
_d817275_edited1_d817495_edited1
_d817252_edited1_d817329_edited1

マルバスミレ、ゲンゲ、ヒトリシズカ、緑の桜:御衣黄、ゼットンにみえるオドリコソウ、菜の花とスジグロシロチョウ

_d817079_edited1_d817118_edited1

まだいるイカル。シメと群れている

_d817380_edited1_2

アオジもまだいる。菜の花畑で採餌

_d817557_edited1_2

新緑のエナガ

_d817626_edited1_2

雛に給餌を発見。ということは・・・

_d817755_edited1

エナガ団子

_d817593_edited1_2

ついに夏鳥発見。センダイムシクイ

_d817802_edited1_2

そしてキビタキ証拠写真

 

いよいよ渡りのシーズン突入だ。来週末が待ち遠しい

| | コメント (0)

ようやくサクラサク 4.2更新

3月途中から寒い日が続き、4月になってようやくソメイヨシノが咲いた。都心は満開宣言が出たが多摩地方はまだちらほら。日向の一角だけが綺麗に咲いた

_d816594_edited1

シジュウカラも花見

_d816460_edited1_2

メジロも花見

_d816544_edited1

アトリは花見より食欲

_d816559_edited1_2

木枯紋次郎風のアトリ

_d816683_edited1_2

ベニシジミと菜の花。春らしい

_d816741_edited1_2

昨年から気になり始めた巨大タンポポ

----------------------

先週と先々週の成果。2週目にサクラサク・・・でした

_d815208_edited1_d815279_edited1
_81a1487_edited2
_d816363_edited1_d816400_edited1_2


一週目は8時間待ちで2秒影だけだったが、二週目は何とか撮れた

 

来週まで桜が残ればいいな。

| | コメント (0)

春は行きつ戻りつ 3.26更新

三寒四温の時期ではあるが、春は行きつ戻りつで、暖かくなったり寒くなったり。土曜は暖かい春だった

_d815444_edited1

先週一輪だけ咲いたカタクリが沢山咲いた

_d815757_edited1_2
_d815942_edited1_d815843_edited1

ソメイヨシノはまだほころび始めたところだが、カンヒザクラは満開。メジロが頻繁にやって来る

_d816227_edited1_2
_d816099_edited1_d816217_edited1

シマアジは綺麗になった。菜の花が映り込む

_d815535_edited1

アトリの頭がどんどん黒くなる

 

一転、翌日は寒い雨になった。来週は桜満開かな。

| | コメント (0)

春の花咲いた 3.20更新

3月はあわただしく、あっという間にお彼岸になった。朝冷え込んでも、すっかり春めいてくるから不思議だ。まだ春の鳥はやって来ないが、春の花が次々咲いた

_81a1139_edited1

早咲きの山桜。まだアトリがいる

_81a1224_edited1_2

シュンランはすっかり育っていた。例年咲く場所は今年はまったく花芽がなかったが、少しずれたところに咲いていた

_81a1296_edited1

ニリンソウも陽当たりの良いところだけ咲き始めた

_81a1326_edited1_2

カタクリも一輪

P1110866_edited1P1110886_edited1

アンズとスミレ

_81a1252_edited1_81a1427_edited1

ヒメオドリコソウとツクシ

_81a1166_edited1_2

カワセミペア

_81a1226_edited1_2

エナガの尾が曲がっている。巣立ちはいつだろうか

------------------

P1110626_edited1P1110798_edited1

多摩川クラシコ激勝

 

そろそろ春の鳥が来るといいな。

| | コメント (0)

大群襲来 2.19更新

群れる鳥と群れない鳥がいるようだ。いつもは群れないが渡りの時だけ群れる鳥もいるようだ。そして春先は群れる鳥が多いようだ。この春、府中界隈に大群の鳥が来ている

_d813037_edited1
_d813073_edited1_d813080_edited1]

この冬、どこに行っても群れに出会うアトリ。近所だけで千羽は越えているだろう。数えていないが・・・

_d813942_edited1_2
_d813561_edited1_d813246_edited1

先週あたりから集結し大群になって来たシメ

_d813678_edited1_2

シメの大群に少しだけ混じったイカル。イカルの大群はまだ来ていない

_d814015_edited1_2
_d813953_edited1_d813982_edited1

秋から池を占拠中のヒドリガモ。枯芝の下から芽生える新芽を探して人前にもやってくる

_d813706_edited1_2_d813635_edited1_d813739_edited1

騒がしく群れる鳥の代表格ヒヨドリは、この時期、花を独占しようと単独で縄張りを持つ個体がいる。ロウバイを花ごとむしったり、河津桜で花粉まみれになったり、椿にぶら下がって蜜を吸ったり

P1100519_edited1

花も大群? セツブンソウはまだ満開

 

来週は暖かくなるといいな。

| | コメント (0)

立春 2.5更新

北風寒い日が続いたが暦は立春。ニシオジロビタキが抜けてようやく静けさを取り戻しつつあるフィールドをゆっくり歩くと、なるほど春が目に入る。昔の人の季節感覚に納得だ

P1080429_edited1_2

春を告げる花の代表格、福寿草

_d811315_edited1_2

野咲きのミスミソウ

_d811966_edited1_d811081_edited1
_d811300_edited1_d811647_edited1
_d811828_edited1_d811953_edited1

春が近づくと、越冬の鳥が慣れてきて、距離が近づく。フィールドが静かになり一人でいると、至近距離まで寄ってくる

_d811198_edited1_2
_d811255_edited1_d811875_edited1
_d811887_edited1_d811870_edited1

先週赤い鳥が見えた葦原で待つが、土日とも来なかった。来たのは、シジュウカラとメジロ。まれにホオジロとカシラダカ

_d811357_edited1_d811392_edited1
_d811549_edited1

空には冬の猛禽ノスリと、縄張り争いでバトルを繰り広げるオオタカ。空もだんだん春になって来た。

 

来週も晴れるといいな。

| | コメント (0)

主役が抜けた週末 1.22更新

連日、沢山のカメラマンを集めていたニシオジロビタキが抜けた。散歩の人たちといざこざを起こしたり、接写剤で虫を留める蛮行者が現れたりと騒然としていたが、これで静かになるだろうか。鳥も移動しつつある。季節は春にさしかかった

P1050234_edited1_2

祭りの後。モラルの無いカメラマンも押し寄せ、地元の人たちが交通整理に苦闘した跡。主役が去った案内が掲げられた

_d819149_edited1_3

夜明けを待つスズメの背景に月齢23の細い月。この月がもっと細くなり新月を迎えると旧暦の正月がやってくる。今年はその一週間後が立春だ

_dsc6339_edited1_d819164_edited1
P1050254_edited1_2

春が少しづつやってきている。日の出はぼんやり霞み、快晴なのに富士山もおぼろげ。セツブンソウは満開近し

_d819511_edited1_d819589_edited1_d819652_edited1

春めいてきたせいか、アオゲラが求愛ダンスしていた。模様をみるとどちらもメスのようにも見えるが、片方がオスなんだと思う・・・

_d819295_edited1
_d819245_edited1_d819227_edited1

ヤマガラもペア。もっともこの2羽は冬の初めから一緒にいたような気がするが

_d819378_edited1_d819402_edited1
_d819345_edited1_2

ノスリも2羽で飛んだ。たぶんペアではないけれども

P1050216_edited1_2
P1050219_edited1P1050229_edited1

心配事もある。浅間山が大工事中。堂山の北面はばっさり伐採されてしまった。昆虫は大ダメージだろうし、鳥も棲めないだろう。ムサシノキスゲなどにも影響が出るんじゃないか

_d818762_edited1_2

いろいろな鳥が移動している。先週突然現れたアカエリカイツブリも数日で抜けた。春に向けたいろんな鳥が来ると楽しい

 

来週はまた違う鳥が来るといいな。

| | コメント (2)

春が早い 1.9更新

年末年始は冬らしい冷気もあったが、例年と比べると穏やかだった。成人の日3連休は真ん中が雨だったが、暖かい。蝋梅に続いて紅白梅もちらほらほころんで、セツブンソウも咲き始めてしまった

P1050206_edited1

節分に咲くセツブンソウが早くも開花した。まだ数株だが例年より2週間くらい早い

_d817782_edited1_2

常緑樹に群れるメジロ。彩りが春

_d817823_edited1_2

春になると姿が見やすくなるウグイス。姿が見やすかった

_d818012_edited1_2

オオタカ2羽。ペアでは無さそうだが・・・

_d818602_edited1_d818648_edited1

アオゲラ2羽。ペアのようだ

_d817798_edited1_d818551_edited1
_d818667_edited1_d818660_edited1

春が早そうだけど冬鳥はまだ落ち着いている

 

もう少し冬らしい日があってもいいかな。

| | コメント (0)

ゆく鳥くる鳥 12.31更新

今年もあっという間に過ぎた。明日は来年だ。地元中心の一年でカモメ探しにも干潟にも行かなかったので観察種数は130くらい。それでもライファが10種を数えたし、地元初記録もあった

_d813036_edited1_d812411_edited1
_d813975_edited1_d815521_edited1

年初は猛禽をたくさん見た

_dsc1157_edited1_d814705_edited1
_d817550_edited1_d817781_edited1_d818064_edited1_d818594_edited2_d818209_edited1_d819110_edited1_2

近場の珍鳥情報もいくつか

_d814013_edited1_d814257_edited1
_d813979_edited1_d814192_edited1

高原では綺麗な夏鳥に会った

_d811310_edited1_d812267
_d814513_edited1_d814837_edited1

子育ての夏

_d815635_edited1_d816027_edited2
_d818363_edited1_d816270_edited1

いろんな鳥が渡って来た

そして年末・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

_dsc5765_edited1_2

29日は見事な朝焼けだった

P1040122_edited1_2

大晦日の朝も冷え込んでシモバシラが見事

_d816902_edited1
_d816759_edited1_d816804_edited1

最後の光を浴びるエナガ

皆様、よいお歳をおとりください。

来年も佳き一年になるといいな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧