一転寒波 1.15更新

先週まで暖かかったが一転して大寒波がやってきた。北国は豪雪でセンター試験受験生は大変だったらしい。それに比べると東京はちょっと寒いだけだが、開花し始めた梅も震え上がる週末だった

_dsc6264_edited1_2

調整池は完全凍結。夜明けの残月が寒々しい

_dsc6304_edited1

メインの池も3分の2が凍結。僅かな水面にカモがひしめく夜明け

_d818948_edited1_2

開花した梅にやって来たメジロ。寒波は写真に写らないので春のような絵

_d818850_edited1

里山のトラツグミ。あちこちで工事や草刈りがあって居場所が無くなりそう

_d818861_edited1_d818895_edited1
_d819036_edited1_d818989_edited1

真冬の鳥と真冬の彩雲

_d819022_edited1

当地では見慣れぬユリカモメが長期滞在中。寒波の影響だろうか

 

来週はもう少し暖かくなるといいな。

| | コメント (0)

酉年、鳥、撮り初め 1.4更新

穏やかな正月。時間に余裕があれば散歩した。一日だけ名古屋にトンボ帰り帰省したが、そのわずかな時間も珍鳥探訪に連れて行ってもらった。まずまず幸先良い鳥見はじめ

_dsc5985_edited1_2

初日の出。近所のスポットは千人くらいの人出。池の周りにもたくさんの家族連れが訪れてた

_d816938_edited1_2

ハケの高台からの元旦の富士

_d817599_edited1

一富士二鷹でオオタカ

_d816975_edited1_2_d816992_edited1_d816954_edited1

名古屋のオガワコマドリ。10年ほど前の春に鶴見川で見た個体より、色が出ていた

_d817541_edited1_3

府中のメジロ

_d817586_edited1_2

府中のジョウビタキ

_d817582_edited1_4

輝くエナガ

_d817702_edited1_2

かがみの湖面にキセキレイ

_d817460_edited1_d817632_edited1_d817253_edited1_3_d817665_edited1

いろんな鳥

 

今年も平和に鳥見ができるといいな。

| | コメント (0)

暖かい12月 12.4更新

記録的に早く木枯らしが吹き初雪が積もったが、その後暖かくなり、汗ばむような12月になった。サッカーやアメリカンフットボールのイベントが味スタで目白押しの週末

_dsc5367_edited1

日の出の時間も寒さはそれほどでもない。カモは200超で安定している

_d813866_edited1_2
_d813812_edited1_2

暖かく風の弱い日が続くせいか、最後の紅葉が散らずに残っている。絵的には最高のコンディションだが、こんな日は鳥が少ない

_d813884_edited1_2
_d813900_edited1_d813928_edited1

アトリが分散してしまい少なくなった。見つけたのは10羽くらいの小群のみ

_d813652_d813662_edited1

富士山が夕焼けに沈むと、細い月とその近くに一番星・金星が輝いた

_d813169_edited1_d813262_edited1
_d813404_edited1_d813424_edited1

土曜の味スタは、FC東京ファン感謝イベント「味スタ大集合」

_d814076_edited1_d814113_edited11

日曜の味スタ・アミノバイタルフィールドは、大学アメリカンフットボール
の東日本代表決定戦

来週も暖かい晴れがいいな。

| | コメント (0)

濃霧の夜明け 11.20更新

仕事が入って日曜だけ休み。鳥見とサッカー観戦をその一日に詰め込もうとしたら、鳥見は早朝だけになった。その早朝は珍しい濃霧だった

_dsc5104_2

頭上には半月が輝き、基本的には晴れだが地平近くは濃霧

_dsc5116_dsc5209_edited1

紅葉の時期だが濃霧でモノクロームの世界

_dsc5183_2

日が昇っても晴れぬ霧。ヒドリガモは250を超えた

_dsc5214_edited1_dsc5208_edited1

霧の公園と霧の飛行場

_d811621_d811645

芝生に餌探しに行くヒドリガモにオオバンが1羽。驚くと飛んで帰ってくる

----------------------------

_d811680_d811733
_d811785_2
_d811812_d811826

J1は終わってしまったのでJ3を見に行った。U18メンバーが混じるU23チームはトップカテゴリーに劣らぬタレント揃い。最年少ゴールを狙った久保は、惜しいチェンスがあったが阻まれた

来週はのんびりできるといいな。

| | コメント (0)

夏遠征 8.7-8.12

待望の夏休み。愛知帰省を兼ねて海山に遊んだ。運動不足なのでロープウェイを使ったり経費節減でクルマで仮眠したり掟破りではあったが、まあいいだろう

_d812846_2
_1020755_edited1_d812892

まずは海。名古屋から1時間で行ける離島・篠島

_d813036_edited2_2
_d813032_edited1_d813046_edited1

フェリーの船旅は僅か10分程度だが、オオミズナギドリが遊んでくれた

_d813350_edited1_2

次は山。ロープウェイで2600メートルまで登れる中央アルプス。千畳敷駅からは目前に宝剣岳がみえる

_d813292_edited1_d813184

小一時間上ると主峰・駒ケ岳がみえる。僅かに3000メートルに及ばないが中央アルプス最高峰だ。半日トレッキングで、宝剣岳、中駒ケ岳、駒ケ岳を縦走できる

_d813213_d813420_edited1

ちょうど山の日で混雑。鳥はみえない。クモマベニヒカゲが遠くに確認できた

_dsc3300_edited3

山は星。天の川がくっきり

_dsc3343ss

ペルセ群に近い日程だったので流星にも注意。肉眼では十個くらいみえたが、写真に写ったのはかすかな1つだけだった

_d813805_edited1_2
_d813832_edited1_d813769_edited1

季節外れだが鳥も見ておこうと霧ヶ峰に回った。ピークは過ぎていたがノビタキが元気に飛び回っていた

_d814169_edited1_2

遅い家族はまだ子育て中

_d813979_edited1_2

ホオアカもまだ縄張り宣言していた

_d813601_edited1_d814201_edited1
_d814288_edited1_d814335_edited1
_d814301_edited1_d814242_edited1
_d814407_edited1_d814326_edited1

高原のヒョウモンたち。コムラサキ、カミキリムシ。ボロボロの蝶と色づき始めた赤とんぼが夏の終わりを予感させる

そろそろ秋風が待ち遠しくなって来たな。

| | コメント (0)

夏が近い 7.10更新

週末に梅雨間の晴れが巡ってくる。その間も晴れる日がある。昨年の関東の梅雨明けは7月10日頃だったから、もう夏到来の時期に差しかかった。熱中症警戒して早朝に散歩する季節だ

_1010762_edited1_2
_1010818_edited1_1010889_edited1

大学生Jリーガー室谷が活躍した土曜の味スタは、昨年のよっちの壮行試合と同じように夕焼けに赤く染まった

_dsc2346_edited1_2

梅雨間の晴れで夜空が見えた。月齢4.7の月と右上に木星が輝いた

_dsc2402_edited1_2

早朝の濃霧は6時前に消滅し、この時期には珍しく富士山がはっきり見えた

_dsc2435_edited1_2
_dsc2395_edited1_dsc2412_edited1

府中浅間山はヤマユリのピーク

_dsc2405_edited1_dsc2455_edited1
_dsc2463_edited1_2

雨上がりの朝は虫が少ない。ミズイロオナガの亡骸がさびしい。トウキョウハンミョウを多く見た。ヒグラシも低木にいた

_dsc2560_edited1_2

鳥見は難しい季節。子育ては雛が見つかればラッキーな方だろう。コジュケイの雛は随分大きくなっていた

夏休みをいつとろうか。

| | コメント (0)

暖かい正月 1.3更新

暖かい、暖かすぎる3が日だった。喪中なので控えめに普通の週末のように過ごした。春のような陽気は心配になってしまうが、過ごすのがラクなのは事実。MFの公園だけでなく多摩川界隈なども散歩した

New3_edited1_2

新年の夜明け前。東の空ではアークトゥルスに寄り添うようにカタリナ彗星が見られた。割と明るい彗星だが、東京でボクのワザでは尾は写らなかった

_dsc0801_edited1_dsc0872_edited1
_dsc0898_edited1_3
_dsc0875_edited1_dsc0882_edited1

そして初日の出。いつの間にか日の出の有名スポットになったようで、数百人の人出になった

_d810138_edited1_dsc0914_edited1

暖かく富士山の雪が少ない。ロウバイももう咲いている

_d810109_edited1_d810136_edited1

新年早々に見た鳥は、カシラダカ、シメ。シメの嘴は光の角度によっては、もう金属光沢にみえる。春のようだ

_d810162_edited1_2

冬鳥が少なく寂しかったが、イカルが来た。まだ6羽を数えるのみで少ない

_d810403_edited1_2

一富士と来たら二鷹。オオタカを待ったがノスリが飛んだ。白い綺麗なノスリだ

_d810223_edited1_d810240_edited1
_d810266_edited1_d810475_edited1

モズ。若いルリビ。カマキリの卵をつつくシジュウカラ。久しぶりに会ったタヒバリ。少ないながらも元旦のMFを回るとたくさんの鳥に会えた

*****

_d810661_edited1_2

多摩川を歩くとジョウビタキがいた

_d810733_edited1_2

ベニマシコ♀もいた

_d810491_edited1_d810600_edited1

近隣の公園のカワセミとクイナ

歩いてみると、それなりに鳥がいる。MFにももっと沢山冬鳥が来るといいな。

| | コメント (0)

落葉・紅葉 12.6更新

今年は天候不順で色づく前に落葉した木が多いが、残った木は紅葉が遅れている。ようやくパソコンを復旧させ、体調もようやく回復しつつある。野暮用もだんだん片づいてきたので、久しぶりにゆっくり紅葉と鳥を探した

_dsf4970_edited1_dsf4962_edited1

土曜は吉祥寺に買い物に行ったので井の頭公園にも立ち寄った。今年も「かいほり」が進んでいた。オシドリはどこに避難したんだろう

_d817870_edited1_d817898_edited1

日曜は夜明けからMFめぐり。カモは200を超えている

_d817922_edited1_d817969_edited1

紅葉の映り込みも最終盤

_dsc6980_edited1_dsc6987_edited1

野川公園のイチョウの絨毯

_d817995_edited1_2

富士山の雪が増えた

_d818009_edited1_2

深まる秋

_d818160_edited1_2

紅葉とルリビタキ

_d818042_edited1_d818174_edited1
_d818185_edited1_d818417_edited1

冬鳥が少ないのでモデルは留鳥中心。ヒヨドリは渡り個体かもしれないが・・・

もっと冬鳥が渡って来るとよいな。

------------------------

ところでパソコンの症状を備忘しておく。

9月にWindows10にアップして問題なく使っていたが、突然起動不能になる。起動時に窓と風車が切り替わり、黒地にマウスカーソルとなったところでフリーズ。

セーフモードで起動しても途中でフリーズしてダメ。ネットを調べると、ディスプレイポートが切り替わって固まる事例がヒットするが、対処方法をすべて試してもダメ。Win8インストールディスクでCD起動し修復試みるがダメ。

ここで修復を棚上げし、SSDを新設して起動環境をクリーンインストールすることを決意しセッティング。Win8をインストールしWin10にアップデート。不調のHDDもマウントすると中身がすべて見えることを確認でき安堵。ところが正規購入したはずのWindowsのライセンス認証ができない。電話サポートアイコンも表示されない。

実は、正規購入ライセンスは、Win7/home、Wn8Pro・updateであることに気付く。結局、SSDを初期化して、Win7→Win8proと上げた後、Win10無料アップデートして正常化した。ほぼ一週間を費やした。

| | コメント (0)

槍・穂高絶景 10.31-11.2

夏に計画していた槍・穂高山行は叶わなかったが、晩秋になって北アルプス登山が実現した。力量を考えて難易度の低い蝶が岳を目指した。この山は、槍・穂高の絶景で知られる山

_dsc7082_edited1_dsc7095_edited1

登山口の紅葉も終わり。晩秋の佇まい。登山道のアイドル「蝶ゴジ」君の横を上る

_d815626_edited1

31日の夜。晴れ渡り月明かりに照らされた穂高

_d815627_edited1_2

そして槍も星空の下にそびえる

_d815685_edited1

11月初日。夜明けの登山者

_d815822_edited2

日の出直前の槍穂高連峰

_d815889_edited1_2

やがてモルゲンロート

_d816041_edited1_d816047_edited1_2

朝日に照らされた穂高と槍

_d816134_edited1

北方展望。常念から大天井

_d816189_edited1_3

快晴の槍ヶ岳。槍沢全景

_d816703_edited1_2

秋の雲が出てきた。眼下は横尾

_dsc7366_edited1_2

大キレットを背景にホシガラス。山用の広角レンズなので鳥が小さい・・・

_dsc7396_edited1_2

夕方には天気は下り坂

_dsc7404_edited1_dsc7433_edited1

2日は雪山。雨雪の中を下山した

久しぶりのアルプス山行は体力限界だった。もっと鍛えねばならない。

| | コメント (0)

幸せな秋の日 10.12更新

体育の日3連休は雨も降ったが最終日は秋晴れになった。しばらく晴れが続く予報を知っているかのように鳥ものんびりしていた。珍しい顔ぶれはいなかったが主役が出そろい幸せな休日になった

_d810024_edited1

12日の夜明け。秋の鰯雲が広がった

_d812526_edited1_2

10日の夜明けの池。ヒドリガモは20を超えた

_d720845_edited1_d720801_edited1

夜明けのしじまに餌取りに来るカワセミ

_d813412_edited1_2

イイギリにやって来たエゾビタキ。赤い実には興味が無いようで、もっぱら虫をフライングキャッチしていた

_d813277_edited1

青空バックに気持ちよさそうなコサメビタキ

_d813445_edited1

実り豊かなエノキにやって来たキビタキ♀

_d813592_edited1

黄色鮮やかなキビタキ♂

_d813929_edited1_d813772_edited1

この日のキビタキは機嫌よく撮り放題になった

_d813077_edited1_d813003_edited1

アオゲラが来たり、オオタカが舞ったり

_d720985_edited1_d720945_edited1

珍しくないツマグロヒョウモンと、ちょっと珍しいクロコノマチョウ

_d720881_edited1_d813556_edited1

森にいたイトトンボはホソミオツネンだろうか。今年は多くてほっとするアキアカネ

_d812815_edited1

秋本番。ずっと遊んでいたい快適な季節だね

ずっと晴れるとよいな。

| | コメント (0)