繁殖地 5.21更新

鳥の繁殖地というと山地や北国が思い浮かぶが、実は東京も沢山の鳥が子育てする繁殖地だ。いつもいる留鳥も渡って来た夏鳥も、次々雛が孵っている

_81a3843_edited1_2

池のカイツブリが孵っていた。葦原の中で育ってから池に出てくるので結構育っているが、辛うじて2羽が背中に乗った

_81a3792_edited1_2

雛は4羽のようだ。満腹なのか、親がとった餌の争奪戦がない

_81a4553_edited1

両親で育てているから、餌が豊富なのかも

_81a3990_edited1_2

近くの荒れ地ではコチドリの雛が孵った。石ころが保護色で見つけにくい

_d810880_edited1_2_d810895_edited1_2_d810904_edited1

ようやく見つけてもAFが合焦しない。ようやく捉えた数枚。ふわふわで可愛い

_d810685_edited1

スズメも子育て。巣から落ちた雛

_d810287_edited1_2

そしてこれから子育て予定の鳥。オオヨシキリにはまだ雌が到着していない様子

_81a4232_edited1_2

子育てしない鳥も虎視眈々。カッコーの鳴き声は夏を感じさせる

_81a4114_edited1

もう初夏なのだ。アカシジミも発生を確認

 

梅雨前にもう少し晴れを楽しめるといいな。

| | コメント (0)

連休終了。鳥も・・・ 5.7更新

9連休も終わってしまうとあっという間。風が強かったがおおむね晴天で、低温の春の終わりから暑いくらいの初夏への移ろいを楽しめた。しかし地元の鳥は少し消化不良。それでもキビタキの囀りを楽しめたから贅沢かも

_81a2835_edited1_2
_81a2927_edited1_81a2900_edited1
_81a3190_edited1_3

キビタキには沢山会えた

_81a3345_edited1

ほかに賑やかなのは池のバンの喧嘩くらい

_81a2790_edited1_2

少しだけ珍しめのビンズイ。夏仕様で青葉の樹上にいた

_81a2912_edited1_81a2916_edited1

あまり喜ばれていないが、ガビチョウが営巣しそう

_81a2952_edited1_2_81a2685_edited1

葉の白い変異個体のキンランと、珍しく旺盛なササバギンラン

_81a2869_edited1_81a2882_edited1

ムサシノキスゲも咲きハンショウヅツも開花

_81a3031_edited1_81a3161_edited1

ジャコウアゲハとダイミョウセセリ。蝶も珍しいのに会えない

_81a2478_edited1_81a2681_edited1
_81a3098_81a3069

鳥が少ないのでサッカー三昧。久保建英フィーバーのFC東京、J1ルヴァンカップとJ3U23

 

連休明けも気持ちよく過ごせるといいな。

| | コメント (0)

シーズン・イン 4.16更新

寒気が戻り冬のような一週間だったが、週末に春が戻った。強風の土曜日は主役不在だったが日曜日には先陣をキャッチした

_d817358_edited1_2

ソメイヨシノが桜吹雪に散らし野川は花びらだらけ

_d817172_edited1_3

上流では枝垂れが満開。昨年天候不順で不調だったが今年は綺麗。しかし例年の主役ウグイスが今年はいない

_d817201_edited1

近所の春の野の花の代表。今年のフデリンドウは株が多いが大株が見当たらない

_d817215_edited1_d817235_edited1
_d817275_edited1_d817495_edited1
_d817252_edited1_d817329_edited1

マルバスミレ、ゲンゲ、ヒトリシズカ、緑の桜:御衣黄、ゼットンにみえるオドリコソウ、菜の花とスジグロシロチョウ

_d817079_edited1_d817118_edited1

まだいるイカル。シメと群れている

_d817380_edited1_2

アオジもまだいる。菜の花畑で採餌

_d817557_edited1_2

新緑のエナガ

_d817626_edited1_2

雛に給餌を発見。ということは・・・

_d817755_edited1

エナガ団子

_d817593_edited1_2

ついに夏鳥発見。センダイムシクイ

_d817802_edited1_2

そしてキビタキ証拠写真

 

いよいよ渡りのシーズン突入だ。来週末が待ち遠しい

| | コメント (0)

ようやくサクラサク 4.2更新

3月途中から寒い日が続き、4月になってようやくソメイヨシノが咲いた。都心は満開宣言が出たが多摩地方はまだちらほら。日向の一角だけが綺麗に咲いた

_d816594_edited1

シジュウカラも花見

_d816460_edited1_2

メジロも花見

_d816544_edited1

アトリは花見より食欲

_d816559_edited1_2

木枯紋次郎風のアトリ

_d816683_edited1_2

ベニシジミと菜の花。春らしい

_d816741_edited1_2

昨年から気になり始めた巨大タンポポ

----------------------

先週と先々週の成果。2週目にサクラサク・・・でした

_d815208_edited1_d815279_edited1
_81a1487_edited2
_d816363_edited1_d816400_edited1_2


一週目は8時間待ちで2秒影だけだったが、二週目は何とか撮れた

 

来週まで桜が残ればいいな。

| | コメント (0)

早くも最終日曜 12.25更新

今年の日曜は今日が最後だという。年末は会社は休みでも多少あわただしい。終日散歩できるのは三が日明けだろうか。のんびり近所を歩いた

_d815706_edited1_2

クリスマスカラーのようだが、コーラの自販機。今年はカワセミが少ない

_d815680_edited1_2

しばらく出会わなかったキセキレイ

_d815578_edited1_2

今年は少ないヤマガラ

_d815742_edited1_2

モズは多い

_d815822_edited1_2

界隈のジョウビタキは♀ばかり

_d815799_edited1_2

アトリは分散してきた。大きな群れは見ないが数羽の小群によく会う

_d815904_edited1_2

空には猛禽。ノスリとハイタカだろうか

_d816057_edited1_3

センダンにはヒヨドリしか食べに来ない

_d815989_edited1_2

陽だまりで開翅したムラサキシジミ

_d815204_edited1

まだ多くの人を集める主役

_dsc5650_edited1_dsc5676_edited1

天皇杯クリスマス決戦は敗戦。FC東京は全日程終了。去りゆく選手に惜別の拍手

おだやかな年越しになるといいな。

| | コメント (0)

ようやくハレの日 9.25更新

雨雨雨雨の九月。穂高に行った月初4日間が奇跡の快晴だったが、その後は記録的な長雨。シルバーウィークも雨ばかりだったが、最終日にようやく晴れた。ちょうど渡りの季節。沢山の鳥仲間が集まった

_d815549_edited1_d815581_edited1

草原は雨露に濡れ霧の朝が明けた。コスモス畑はスズメの群れ

_d815711_edited1

残念ながら渡りの鳥は少ないが、探せばキビタキがいる

_d815518_edited1_d815538_edited1

エゾビタキもコサメビタキもいるが少ない。証拠写真がせいぜい

_d815756_edited1_2_d815821_edited1_d815780_edited1_3

サンコウチョウが今週もいた。エナガの群れに数羽。アイリングが目立たない幼鳥のようだ

_d816088_edited1_d816092_edited1

渡りの鳥が少ないので留鳥を撮る。ムクドリとオナガ

_d815459_edited1Dsc00679_edited1

池に冬鴨が入り始めた。コガモ5にヒドリガモ3を確認。例年より少し早めかな

_d816245_edited1_d816278_edited1

草原にノビタキも来た。柵の向こうで遠く証拠写真のみ

_d816160_edited1_d816174_edited1

界隈の風物詩。ナンバンギセルとヒガンバナ

_d816163_edited1_d816209_edited1

ツマグロヒョウモンが群がるヒヨドリバナ。ヨレヨレのミドリヒョウモンも来る

毎週秋晴れの週末が続くといいな。

| | コメント (0)

夏遠征 8.7-8.12

待望の夏休み。愛知帰省を兼ねて海山に遊んだ。運動不足なのでロープウェイを使ったり経費節減でクルマで仮眠したり掟破りではあったが、まあいいだろう

_d812846_2
_1020755_edited1_d812892

まずは海。名古屋から1時間で行ける離島・篠島

_d813036_edited2_2
_d813032_edited1_d813046_edited1

フェリーの船旅は僅か10分程度だが、オオミズナギドリが遊んでくれた

_d813350_edited1_2

次は山。ロープウェイで2600メートルまで登れる中央アルプス。千畳敷駅からは目前に宝剣岳がみえる

_d813292_edited1_d813184

小一時間上ると主峰・駒ケ岳がみえる。僅かに3000メートルに及ばないが中央アルプス最高峰だ。半日トレッキングで、宝剣岳、中駒ケ岳、駒ケ岳を縦走できる

_d813213_d813420_edited1

ちょうど山の日で混雑。鳥はみえない。クモマベニヒカゲが遠くに確認できた

_dsc3300_edited3

山は星。天の川がくっきり

_dsc3343ss

ペルセ群に近い日程だったので流星にも注意。肉眼では十個くらいみえたが、写真に写ったのはかすかな1つだけだった

_d813805_edited1_2
_d813832_edited1_d813769_edited1

季節外れだが鳥も見ておこうと霧ヶ峰に回った。ピークは過ぎていたがノビタキが元気に飛び回っていた

_d814169_edited1_2

遅い家族はまだ子育て中

_d813979_edited1_2

ホオアカもまだ縄張り宣言していた

_d813601_edited1_d814201_edited1
_d814288_edited1_d814335_edited1
_d814301_edited1_d814242_edited1
_d814407_edited1_d814326_edited1

高原のヒョウモンたち。コムラサキ、カミキリムシ。ボロボロの蝶と色づき始めた赤とんぼが夏の終わりを予感させる

そろそろ秋風が待ち遠しくなって来たな。

| | コメント (0)

梅雨明け 7.31更新

7月最終週の後半になってようやく梅雨明けとなった。例年より気温が低く雨予報が残ったままだったが、週末歩いてみると、もう梅雨ではない真夏を感じた

_d812506_edited1_3

真夏は鳥見は期待できない。今年はカッコーがまだ残っているが、高いところばかりにとまる。水蒸気が多くすっきりした写真は難しい

_d812443_edited1_d812531_edited1

オナガやアオゲラなど大型の鳥をたまに見るのが精いっぱい

_d812369_edited1_d812414_edited1
_dsc2958_edited1
_d812367_edited1

夏はやはり虫の季節。ミンミンゼミが暑苦しく鳴く

_dsc3058_edited1_2
_dsc3163_edited1_dsc3093_edited1

今年は少なかったチョウトンボは梅雨明けを待っていたように増えた

_dsc3175_edited1_2

キイトトンボも発生。数少ないが経年発生しているようだ

_dsc3254_edited1_dsc3283_edited1

寄生蜂がイモムシを巣に運び込んでいた。そのあと入り口を土で塞いだ。托卵する鳥や寄生する虫など自然は不思議だ

夏は、高原の風にあたりたいな。

| | コメント (0)

仙台ミニトリップ 7.24更新

トーキョーからレンタル移籍中の三田選手を応援に仙台に行った。翌日は沿岸部の復興の様子を見に行った。梅雨空で肌寒かったが東北の熱気が伝わった

_1020061_1020055
_1020095_dsc2924_edited1

街を歩けばベガルタの応援がみられる

_dsc2817_edited1_1020272_edited1

対戦相手には元トーキョーの長谷川アリアジャスール君がいた。三田選手は敢闘賞を受賞する活躍

P1020388_edited1P1020400_edited1
P1020410_edited1P1020414_edited1

今回は閖上から岩沼方面を訪ねた。津波に洗われた海岸近くに住居はないが、朝市などで活気がある

P1020430_edited1_2

がれきを使った人工の丘が築かれている。被災もモニュメントでもあるが、いざというときの避難場所になるという。この地域では築山に逃れた3名が奇跡の生還を果たしたとのことで、そんな場所を15カ所ほど作るのだという

_dsc2859_edited1_dsc2864_edited1
_dsc2869_edited1_dsc2872_edited1
_dsc2884_edited1_dsc2907_edited1

鳥を見に行ったわけではないが、人の住まない荒野に野鳥の暮らしがあった。キジ、ホオジロ、イソシギ。セグロカモメ、コチドリ。海岸から離れて丘陵に上るとヒカゲチョウ

_dsc2911_edited1_2

一番丁は三社祭とか。東北の夏はまつりで盛り上がるはずだ。

梅雨明けはもう一週間後だろうか。

| | コメント (0)

梅雨締め3連休 7.18更新

GW明けに有休を使って以来、週5日勤務を珍しく続けていたので久しぶりの3連休になった。まだ梅雨明けしていないが、雷雨が増え気温も高くなった。もう明日にも梅雨明け宣言が出そうだ。熱中症に注意して早朝フィールドを歩いた

_d812076_edited1_2_d8119981_d8120231

池のカイツブリに2番子が産まれていた。2羽だけで親鳥も片方しか残っていない。たまに尾にしがみつくくらいで、ほとんど背中に乗らない

_d8119361
_d8122141_d8122241

カルガモ一家は雛が9羽残っている。しかしよく見ると何か様子が違う。大きさが異なる雛が混ざっているのだ。2家族が合体したのではないかと思う。数年前も合体家族を見たが、案外普通の出来事なのかもしれない

_d812112_edited1_2

イトトンボの交尾。数が減って見つけにくくなったが種をつないでいる。ハート型が象徴的

_dsc2730_edited1

オオセイボウをようやく撮った。日が高い暑い最中にやってくるが、暑すぎるのか高速で飛び交い高速で去った

_d811890_edited1_dsc2710_edited1P1020046_edited1_d812076_edited11

クロアゲハとゴマダラチョウ、ナガゴマフカミキリとハグロトンボ

_dsc2648_edited1_dsc2622_edited1

ノカンゾウとヤブカンゾウ

_dsc2668_edited1_dsc2675_edited1

ムロヤとショーヤ(とタカヒデ)。オリンピック代表の若い二人だけが希望の壊滅的状況のFCトーキョー。最高成績監督を解任して降格監督を復帰させた結果だから、しかるべき筋に責任とってほしい

暗雲去った梅雨明けに期待しよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧