« 梅雨入り 6.5更新 | トップページ | カラ梅雨気味 6.19更新 »

梅雨間 6.12更新

梅雨間の晴れた週末。というより今のところカラ梅雨気味だが、涼しい日と蒸し暑い日の入れ替わりに夏が近づいているのを感じる。それにともなって樹木の緑が濃くなり鳥の姿が見つけにくくなり、樹液に集まる虫を探したり。そんな週末だった

_d819743_edited1_2

もう人との距離感が安定したというのでツミを見にいった。人通りの多い道の近くで悠然としている。都会生まれの若い♂なのだろう

_d819665_edited1_3_d819715_edited1

それでもキチンと狩りをしていたから、ちゃんと父親の役目を果たしているようだ

_d819761_edited1_2

カッコーが鳴いている。高木にとまると濃緑に隠れ見つけるのは困難。飛び出してくるのを待って撮る

_d810136_edited1_2

カルガモ一家に出会った。珍しく両親が子育てに参加している。鳥の世界もイクメンの時代なのか

_d810208_edited1_d810030_edited1
_d810095_edited1_d810219_edited1

見かけた時の雛は9羽。天敵が多いが何羽が育つだろう

_d819416_edited1_d819488_edited1
_d819568_edited1_d819940_edited1
_d819470_edited1_d819908_edited1

夏が近づいて、大型の甲虫も活動を本格化してきた。小さい虫も地味な虫も活動の夏が近い。地元で珍しい虫を見つけるのは難しいけれど、案外いろいろ生きている。

楽しい夏が来るといいな。

|

« 梅雨入り 6.5更新 | トップページ | カラ梅雨気味 6.19更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨入り 6.5更新 | トップページ | カラ梅雨気味 6.19更新 »