« 鳥の季節から虫の季節へ 5.15更新 | トップページ | 可愛い鳥と綺麗な蝶 5.29更新 »

ゼフィルスと切られたハンノキ 5.22更新

春の渡り鳥がほぼ繁殖地に去ってしまい閑散期に突入する。暑くて苦しい夏がやって来る。夏は鳥は諦めて虫探しで過ごすことになる。この時期の虫といえばゼフィルス。その森に異変あり

_dsc1744_edited1_2

平地ゼフィルスが次々発生している。ウラナミアカシジミが下草に降りていた

_d818020_edited1_2

先週最初の個体を見つけたアカシジミ。今年は大発生なのでいろんな場所でみつかる

_dsc1758_edited1_2

野川公園もゼフィルスの生息地だが、よりによってその中心の自然観察園の中のハンノキがばっさり伐採された。ゼフィルスの象徴ともいうべきミドリシジミの発生木だった樹だ。園内には他にもハンノキが何本もあるとはいえ、驚きだ。自然観察園の名前を疑ってしまう

_d818129_edited1_d818168_edited1
_dsc1775_edited2_dsc1728_edited1
_d818541_edited1_dsc1768_edited1

虫嫌いが多い都会の公園だから、昆虫は居場所が追いやられてしまうが、探せばいろいろ生きている

_d818505_edited2_2

さびしくなったが鳥もいないわけではない。公園を飛び回っていたコチドリ

_d818435_edited2

急に増えたオオヨシキリ。5-6羽いる

_d818330_edited2

ときにはカワセミとオオヨシキリのツーショットも

_d818079_edited1

そして1羽だけ残っている最後のキビタキ。繁殖しない若だが鳴き声は悪くない。もうしばらく美声を聞かせてくれるとうれしい

ハンノキが切られてもミドリシジミは見られるだろうか。

|

« 鳥の季節から虫の季節へ 5.15更新 | トップページ | 可愛い鳥と綺麗な蝶 5.29更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥の季節から虫の季節へ 5.15更新 | トップページ | 可愛い鳥と綺麗な蝶 5.29更新 »