« GWの地元の鳥 4.29-5.8 | トップページ | ゼフィルスと切られたハンノキ 5.22更新 »

鳥の季節から虫の季節へ 5.15更新

連休が終わりサンコウチョウが通過すると春の渡りは一段落し、都市公園の鳥の季節はあらかた終わる。今年の渡りは早めに推移してきたので、今週末はラストチャンスが残っているかどうか。予報より天気が好転し早朝から探した

_d817426_edited1_2
_d817436_edited1_d817779_edited1

若いキビタキがまだ残っていた。繁殖しない若は毎年遅くまで見られるが、今年は多いかも。今朝も4~5か所にいた

_d817709_edited1_d817746_edited1

バンは6羽すべて元気。ずいぶん大きくなった

_d817885_edited1_3
_d817914_edited1_d817898_edited1

エナガの雛ももう団子になることはない

_d817654_edited1_d817518_edited1

オオヨシキリとヒメアマツバメは渡りが終わった後の数少ない楽しみになる

_d817946_edited1_2
_d817859_edited1_d817962_edited1

そしてようやくラストランナーをキャッチ。2本の長い尾は片方が少しだけ短いが立派な成鳥雄。あまり鳴かず探すのが難しかったが、それも毎年の風物詩

_d817396_edited1_2

そしてアカシジミが発生した。今年は大発生のようだ

_d817362_edited1_d817979_edited1

藤棚で保護されているハンショウヅルが見ごろ。ジャコウアゲハはもうボロ

こうして鳥から虫を探す夏が近い。

|

« GWの地元の鳥 4.29-5.8 | トップページ | ゼフィルスと切られたハンノキ 5.22更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWの地元の鳥 4.29-5.8 | トップページ | ゼフィルスと切られたハンノキ 5.22更新 »