« 早くも夏の終わり 8.30更新 | トップページ | 二百二十日 9.13更新 »

きのこの山 9.6更新

今年は春もそうだったが、季節の歩みが2週間ほど早い。すでに秋の長雨で里山はたっぷり水を吸って、かつてないほどキノコが生えた。鳥もちらほら入り始めたようだ

Cm150905073011004Cm150905063001001_2Cm150905073037003Cm150905073248003Cm150905073334002Cm150905075928003Cm150905080016002Cm1509050727460021Cm1509050729340011Cm150905073705002
_d818924_2_d818921_d818937_d818949P9060020_edited1_d818956_d818961_d818965_d818970_d818971_d818977_d818985_d818988_d818997_d819004_d819017_d819202Cm150905074146004P9060009_edited1P9060015_edited1

浅間山をぐるっと回っただけでこんなにあった。詳しくないので美味しいのか毒があるのか知らない

_d819253_edited1

大きな混群にムシクイが混じっていた。秋の渡りは本格化しているようだ

_d819067_d818906

サルスベリが盛りを過ぎたが混群の鳥がやってきた

_d819046_d818934

夏の虫も終盤。元気なゴマダラチョウと亡骸になったオオミズアオ

_d818890

野原にいたセッカ

_d818835_edited1

一羽だけ残ったカイツブリ。随分大きくなった

秋晴れになるとよいな。

|

« 早くも夏の終わり 8.30更新 | トップページ | 二百二十日 9.13更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早くも夏の終わり 8.30更新 | トップページ | 二百二十日 9.13更新 »