« きのこの山 9.6更新 | トップページ | 秋晴れのシルバーウィーク 9.19-22 »

二百二十日 9.13更新

金曜日は立春から数えて「二百二十日」だったらしい。イネの開花の頃であり台風がよく来る頃という暦。鬼怒川が決壊する大災害とほぼ一致。北関東の探鳥地も被災したという。府中は幸い無傷だった

_d819573_edited1

週末の府中上空を自衛隊ヘリコプターが頻繁に往復した。相模原あたりから北関東への災害対策輸送だろう。一日も早く平穏な日常を取り戻せるよう願うばかり

_d819648_edited1

台風豪雨が過ぎ秋の気配が広がった。サルスベリは花が残るが葉が色づいてきた

_d819629_edited1_d819622_edited1

この木が毎年黄葉一番乗りで、だんだんと秋色に染まる。例年通り綺麗で平和な秋を期待したいところ

_d819591_edited1_2

ミズキに来たコサメビタキ。今年は実が多くなっている

_d819535_edited1

キビタキも来た

_d819526_edited1_d819510_edited1_2

混群の中に黒い影

_d819528_edited2_2

随分追いかけて、ようやく撮ったブレブレの一枚。秋のサンコウチョウは鳴かないので春よりもさらに撮影難易度が高い

_dsc6334_edited1_2_dsc6323_edited1

池のもみじも少し色が出てきた。カイツブリはもういない。飛行場の遊水地は今年三度目の満水。事故以来の運行正常化がアナウンスされたが、まだ定期便しか飛んでいないようだ

平和ですがすがしい秋が来るとよいな。

|

« きのこの山 9.6更新 | トップページ | 秋晴れのシルバーウィーク 9.19-22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのこの山 9.6更新 | トップページ | 秋晴れのシルバーウィーク 9.19-22 »