« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

桜咲く 3.29更新

桜が咲いた。土曜朝はほとんど開花していなかったが、暖かい日差しとともに一気に満開になった。先週は霜が降りるような寒い日が続いたが、一転暖かい日が続くようだ

_d811690_edited1_d811390_edited1

武蔵野公園は日当たりが良く満開

P3290319_edited1P3290310_edited1_2

野川公園は満開寸前

P3290326_edited1_d811839_edited1

近所の桜並木もほぼ満開

_d811545_edited1

サクラを食べに来たイカル

_d811336_edited1

むしゃむしゃ花芽を食べる

_d811610_edited1

メジロも蜜を求めて来た

_d811237_edited1_d811077_edited1

ツグミとヒヨドリ

_d811060_edited1_2

シメも花を食べる

_d811425_edited1

そろそろ終わりのコブシにとまったシメ。クチバシが金属光沢になった。旅立ちは近そう

P3290306_edited1

越冬キタテハが求愛中

P3290172_edited1

フデリンドウがあちこちに咲いた

_d811825_edited1

春暖かくなると目立つヒバリ

_d810752_edited1_d810736_edited1

池の鴨は羽ばたく回数が増えた。旅立ちが近い

_d810890_edited1_2

ツバメがもう渡って来た。池の水を飲みに来た

来週も晴れるとよいな。

| | コメント (0)

次つぎと開花 3.22更新

天気は雨と腫れが短期間に入れ替わりめまぐるしいが、気温はずっと高めで次々と春の花が咲いた。土曜は仕事が入ってしまったが、日曜は早朝と夕方に点検。すっかり花見気分だった

_d810091_edited1_2

早咲きの河津桜は、あっという間に盛りを過ぎて青葉が目立つようになった。今年もヒヨドリが居座って小鳥は来ない

_d810128_4

毎年決まってお彼岸に満開になるオオカンザクラ。こちらもヒヨドリが群で居座り小鳥は来ない

_d810579

小鳥は(カンヒザクラ)にいた。メジロが10羽以上で群がっていた

_d810362

ソメイヨシノは開花寸前。ピンクに膨らんだ蕾をイカルの群れがボリボリ貪る。満開になるのか心配になるほど

P3220035_edited1_2

菜の花も咲いてミツバチが来ていた

P3220126_edited1P3220124_edited1

スミレも咲いた。カタクリも咲いた

_d810655_edited1_2

つくしはいつの間にか胞子をまき散らし済み

来週も春の陽気だとよいな。

| | コメント (0)

少しづつ春 3.15更新

めまぐるしい日替わり天気で、週末散歩ができるかどうかその日になってみないとわからない春なので、スキを見つけて土曜早朝と日曜午前にMFを歩いた。大きな変化はないけれど、少しづつ春が来ている

_d819062_edited1_2

日曜の夜明け。今週末も雲が多く肌寒いが、梅は満開

_d810018_edited1_2

晴れ間が出れば春爛漫。野川公園の梅園はピクニックで賑わい

_d819901_edited1_2

ジョウビタキはまだ落ち着いている。背景はサンシュユ

_d819322_edited1_d819316_edited1_d819255_edited1

ヒドリガモは芝生に餌取りに行ったり、驚いて池に飛んで帰ったりと少しざわついてきた。150羽以上が集結。最後まで残るコガモもペアになった。そういえば野川のオナガガモがいなくなった。北帰したのかも

_d819155_edited1_d819140_edited1

カイツブリもペア。珍しくオオジュリンの小群

_d819160_edited1_d819008_edited1

梅を背景としたホオジロと地面に降りたカシラダカ

_d818943_edited1_d819024_edited1

イカルの群れは約100羽。カケスの群れは数羽

_d819592_edited1_2

オオタカも繁殖期に入った

P3150091_edited1P3150092_edited1_2P3150147_edited1_2P3150073_edited1
P3150139_edited1_3P3150069_edited1_2P3150068_edited1_2P3150065_edited1
P3150063_edited1_2_d819542_edited1_2P3150143_edited1_2P3150012_edited1_2

野の花が咲いた。スミレ、キクザキイチゲ、カラスノエンドウ、ミスミソウ、シュンラン、クリンソウ、巨大なタンポポ、ヒメオドリコソウなどなど

_d819944_2

集団越冬テントウムシの菰開けがあった。びっしりのテントウムシ。虫嫌いな人は見ないほうがよいが、虫好きな人はびっくりの集団

_d819959_edited1P3150115_edited1

来週はもうお彼岸。暖かくなるとよいな。

| | コメント (0)

春の雨 3.8更新

春の前半に降る雨を「春の雨」、後半に降る雨の「春雨」というらしい。このところ週末になると「春の雨」だ。明るく花咲く春を満喫したいが雨では叶わない。それでも頑張って雨の中、MFを点検

_d818461_edited1_2

河津桜が一輪開花。雨に濡れている

_d818412_edited1

小雨の中のエナガ

_d818360_edited1_d818372_edited1

藪から出てきたのはルリビタキとアオジ。しばらく待ったがミヤマホオジロは見なかった。北に帰ったのかもしれない

_d818582_edited1

サンシュユは満開

_d818676_edited1

サンシュユにとまったシメ

_d818759_edited2

アトリは10羽くらいの小群だが、花に来たのは、アタマが黒くない♀だった

_d818883_edited1

晴れた日に梅見したいが残念。天気が冴えないせいか、メジロを見ない。シジュウカラと遊ぶ

_d818874_edited1_2

虫が活動を始めるという「啓蟄」は6日だったようだが、ニホンミツバチの巣穴はまだ冬仕様。みんなで集まってじっとしている

_d818499_edited1_2

雨で薄暗い中、季節は確実に進んでいる。エナガが巣作りに必死

来週は暖かい春の陽射しを浴びたいな。

| | コメント (0)

一雨ごとに春が来る

冬型が弱まるこの時期は、周期的に移動性の低気圧がやって来て、一雨ごとに暖かくなっていく。春が来るのはうれしいが、低気圧の周期によっては毎週末が雨になる。先週に続いて今週も日曜が雨になったが・・・

土曜日は野暮用があり、夜明けから朝だけ散歩。夜明けの様子はこんな感じ

_d817139_edited1

2月最終日。アメリカっぽいのが珍しく2羽近くにいたが特に変わった様子はない。、お互い無関心。池のカモは約150

_d817186_edited1
_d817087_edited1_d817103_edited1

一見、変わりがないようだったが少し異変。バンが繁殖期に差し掛かったようだ。ペアで仲良く泳ぐ姿や、♂同志のバトルも勃発。春は近い

_d817195_edited1

紅梅の蕾とエナガ

_d817617_edited1_2

白梅とメジロ

_d817864_edited1

梅を撮っていた日曜は曇後雨。早々に撤収していると・・・

_d817940_edited1

キレンジャク来訪の連絡。雨の中、再出陣

_d817888_edited1_d818021_edited1
_d818170_edited1_d818326_edited1_d818057_edited1_d818134_edited1

たった1羽のキレンジャク。毎年ごく少数が、ほんのひとときだけ出没する。今年も会えてよかった。連絡ありがとう

_d817326_edited1_d817298_edited1

ミヤマも見つけにくくなった。ストレッチで旅立ちの準備か

天気の周期が週末晴れになるとよいな。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »