« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

行く年 12.31更新

今年も大晦日になった。府中は暖かく静かな年の瀬になった。今年もいろいろあったが、いい年だったとしておこう

_d815945_edited1_d816118_edited1
_d816108_edited1_d815984_edited1_2

年の瀬の鳥の顔ぶれも変わりなし

_d816922_edited1

野川のカワセミも変わりなし

_d816594_edited1

冬の日暮れはモズが似合う

_d817266_edited1

大晦日の日の入り。府中浅間山からの眺望も変わりなし。雲がかかった富士のシルエットが浮かんだ

来年も良い年でありますように。

| | コメント (0)

旅立った鳥、まだ居る鳥 12.27更新

tt今年の冬鳥は好調だが、とびきりの珍鳥情報は伝わってこない。それでも少し珍し目の鳥は各地に来ているようだ。先週も栃木遠征を敢行したが、地元でも都心でも珍しい鳥が来た。地元の鳥は旅立ってしまいもういないが、都心の鳥はまでいた

_d813630_edited1

地元で目撃されていたキマユムシクイ。旅立ってしまいもういない

_d813588_edited1_d813608_edited1

藪の中をチラチラ素早く動く小さな鳥で、見つけずらく撮りずらい。8年前にも近所に出没したことがあったが、やはり俊敏でまともに撮れないまま旅立った。今回も同じで、満足のゆく観察はできなかった

_dsc2792_edited1

一方、都心の庭園に滞在中のアカハジロはまだいた

_dsc2879_edited1_dsc2892_edited1

揃って昼寝していたが、30分ほど眺めていると目覚めた

_dsc3049_edited1

池にはキンクロハジロも多いが、ホシハジロと一緒に行動していた。外見が似ているが暮らしぶりも似ているのだろうか

珍鳥も見たいけれども、年越しは静かな鳥見がいいな

| | コメント (0)

好調継続中 12.23更新

ヤマガラが降りてくる年は冬鳥が多いといわれるが、その通りに今冬は好調だ。不思議なのは、ヤマガラは秋の初めに山から降りていること。晩秋に満州やシベリアから渡ってくる鳥をヤマガラが予測するのは不思議だが、まあ鳥が賑やかなら良い

_d814759_edited1

冬型の天気の日が増えてきた。澄んだ空気に富士山がくっきり

_d814777_edited1_d814881_edited1

渡り鳥が好調なときは留鳥も賑やかに感じる。アオゲラもエナガも元気だ

_d815104_edited1_2

カワラヒワの大きな群れに出会った。今のところ他の鳥は混じっていない

_d815395_edited1_2

今冬の好調のシンボル、アカウソ。7羽程度の小さな集団なので見つけにくいが、だんだん落ち着いてきたようだ

_d815510

池の鴨は今日は160。珍しいのはいないが、アメリカヒドリっぽいのは、今年は2羽。交雑なんだろうけど、緑が綺麗

冬鳥の好調がずっと続くとよいな。

| | コメント (0)

栃木縦断 12.21更新

栃木県の北と南に珍しい鳥が来ているという。今年は春の相模川以来、鳥見遠征をしていなかったが、年末になって我慢できなくなり、栃木県日帰り縦断を決行した。朝5時前出発して、午後2時半に帰還したから、まあ順調だった

_d8143411_2

南の葦原の枯れ木。初めて見るオオモズ。しかし遠かった。証拠写真が精一杯

_d8143551

オオモズは早々に見切りをつけて、県北部の大田原・羽田沼へ。オオハクチョウ飛来地らしい。餌付けは行われていないが、数十羽のオオハクチョウが暮らしていた

_d8144681

キンクロハジロの群れの中に1羽。初めて見るクビワキンクロ

_d8145601

昨年も来ていたらしい。自分のことをキンクロハジロと思って一緒にいるのかもしれない

_d814683_edited1_d814674_edited1

他にたくさんいたキンクロハジロとホシハジロ。アカハシハジロは数日前から姿を現さないらしい。少し残念

---------------------

_d8147071

3時前に帰還したので、MFで情報収集。大きな変化はないようだ。少しづつシメが増えてきたように感じる

いよいよ年の瀬。よい年越しになるとよいな。

| | コメント (0)

増えてきた冬鳥 12.14更新

寒波が来たといっても東京は穏やかな初冬だ。東京以外は北国はもちろん四国まで大変な大雪だという。雪国から避難してきた鳥もいるだろうか。だんだん冬鳥が増えてきた

_d813310_edited1_d813286_edited1
_d813770_edited1_d813783_edited1

野川は連日川霧が立ち込め、劇的な朝の景色が楽しめる

_d813817_edited1

くっきりと富士山が見える冬らしい天気の朝が増えてきた

_d813700_edited1

この池の鴨は180! ほとんどがヒドリガモだが、毎日わずかに違うのが混じる。この日はオオバンとコガモかな?

_d813339_edited1_d813414_edited1

留鳥のアオゲラと、山から下りてきたアカゲラは、どうやら春まで共存しそうだ

_d813930_edited1_d814002_edited1_d813368_edited1

今年は多摩平野にウソがたくさん来ているようだ。2年前のように春まで過ごしてくれるとうれしい

_d813531_edited1

ミヤマホオジロも東京各所に来ている。藪を好む鳥だから、うるさい写真になってしまうが、冠羽を立てた姿はりりしい

_d813829_edited1

ルリビタキもムラサキシキブを食べるようだが、もう実がない。春まで鳥たちの餌が足りるのか、少し心配。

寒波が次々に来るらしいが、穏やかに鳥見が楽しめるとよいな。

| | コメント (0)

冬が来た 12.7更新

日本は四季の変化がはっきりしているというが、毎週フィールドを歩いていると、本当にそのことを感じる。先週までは秋だったが、今週は冬だった。日本海側だけでなく四国まで大雪になったが東京は晴れ。しかしはっきり冬の寒さだった

_d812549_edited1_d812580_edited1
_d812607_edited1_d812691_edited1

川霧が立ち込め、田圃が氷り、霜がきらめいた

_d812592_edited1

下草の霧氷が虹色に光る。府中も連日氷点下の週末

_d812707_edited1

霜を蹴散らすシジュウカラ

_d812862_edited1

メジロも来た

_d812619_edited1_d812610_edited1

一方で春の準備も始まっている

_d812275_edited1_d812783_edited1

少しづつ増えてきた冬鳥。カワラヒワとカシラダカ

_d812338_edited1_d812931_edited1

定着化したルリビタキとアオジ

_d812997_edited1

そして、ようやく見つけたウソ

_d813008_edited1_d813010_edited1

一か月くらい前から声を聞いたという話があったが行方不明だった。今日の群れは♂2♀1の小群だった。

-------

_d812410_edited1_d812445_edited1

土曜の味スタ。Jリーグ最終戦。FC東京の試合後セレモニー

_s044674_dsp3141

日曜の味スタ。J1昇格プレーオフ。山形が勝利

_dsc2644_edited1_dsc2657_edited1

金曜の皇居。乾門通り通り抜け

-------

冬は来た。冬鳥よもっと来い。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »