« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

冬鳥ちらほら 10.26更新

週末台風のリズムがずれて、平日雨で迎えた晴れの週末。まだ10月だが今年は夏鳥の渡りが早くさびしい。期待は入って来る冬鳥。暑くもなく寒くもない快適な秋晴れの中、冬鳥を探した

_d8h7260_edited1_2

ジョウビタキが沢山渡ってきている

_d8h7308_edited1

オスもいたがメスに追われて縄張りが確保できない様子

_d8h7322_edited1_2

シメも来た

_d8h7324_edited1_2

アオジも来た

_d8h7393_edited1

アカゲラは残っている。今年は越冬してくれそうだ

_d8h7494_edited1

池のカモは50近くに増えた。だいぶん馴れてきて近くに来る

来週は3連休。いい鳥が来るとよいな。

| | コメント (0)

端境期 10.19更新

今年は鳥の渡りが1~2週間早い印象だが、先週の台風一過で残っていた夏鳥もほとんど抜けてしまったようだ。間髪入れず冬鳥が入って来て、いろいろな目撃情報が聞こえるが数は少ない。ボクの目前には何も現れない週末だった

_dsc1616_edited11

誰かがディスプレイしたのだろうか。キノコとどんぐり。秋が深まる

_d8h7159_edited11

楓の実を取りに来たヤマガラ。秋らしくなってきたが多摩の楓はまだ色づいていない

_d8h7098_edited11_2

最後に残ったキビタキ。ゆっくりしていってくれればイイのに

_d8h7123_edited11

十月桜が盛り。春に比べて控えめな開花だが、年が明ける頃まで長く咲く

_dsc1714_edited11_dsc1760_edited11

今日は「飛行場まつり」。いつもと違うところをバスが走る

_dsc1631_edited11_dsc1670_edited11

鳥は端境期だが、虫は終わり。昆虫観察の皆さんは見るものが減り、蜂を見ていた。トンボも減った。心配なほどアキアカネを見ないまま冬に向かうようだ・・・

_dsc1489_edited11_dsc1568_edited11

冬ガモも続々到着。マガモ、オオバン

寂しい気持ちもあるが、冬鳥早く来い。

| | コメント (0)

いよいよ冬モード 10.13

毎週、史上最大級の台風がやってくる。温暖化の異常気象か?という話題になるが、今年の鳥の移動は早足で、むしろ冬が早い印象。3連休初日はわずかに見られたキビタキも、どんどん抜けてフィールドは冬の様相

_d8h6946_edited1

名残りのキビタキ。今年最接近が別れの挨拶

_d8h6894_edited1

♀タイプもどんどん抜けてしまった。背景は深まる秋の色

_d8h6681_edited1

色付く木々

_dsc1464_edited1

池のヒドリガモはすでに30羽に増えた。冬近し

_d8h7019_edited1

数日前はまだノビタキがいたという飛行場には、鳥の姿が無かった

冬鳥がたくさんくるとよいな。

| | コメント (0)

秋もひと区切り 10.5更新

あっという間に10月を迎えた。少し暑い日もあったが例年の残暑を思うと涼しく、急ぎ足で秋が深まっていく印象。ヒタキもめっきり減って、台風の前触れの雨で、暗く静かな週末になった。ひと区切りといったところか

_d8h6521_edited1_2

ノビタキも、コサメビタキも、エゾビタキも去ってしまったのか見かけない。キビタキだけが残っている。数は多いが近づけない

_d8h6378_edited1

今年は、鳥が山から下りてきている。ヤマガラが賑やかで、アカゲラの姿も。ホオの実に取りついたが、曇の空抜けで真っ白な写真になってしまった

_d8h6544_edited1

またツツドリが目撃された。一説にはこの時期のツツドリは幼鳥だという。成鳥よりは警戒心が薄いと期待したが、遠くの姿しか撮れなかった

_d8h6557_edited11_2

木々が急速に色づきはじめた。土曜夕方は、地元最大の混群に出会ったが、シジュウカラ、エナガ、メジロなど留鳥ばかり。集団で台風に備えていたのかもしれない

台風が連続しているようだ。爽やかな秋晴れが恋しいな。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »