« 秋鳥が本格化 9.14更新 | トップページ | キレイな時期が始まった 9.28更新 »

お彼岸の頃 9.21更新

残暑がやって来ないまま彼岸に突入した。天気予報が良いほうに外れて秋の晴天になった。このところ仕事が忙しく寝坊してしまったが、急いでMFを点検した

_d8h4499_edited1_2

今年は楽しめそうなヤマガラは、また数を増やした。ひっきりなしに豊作のエゴの実を採りに来る

_d8h4509

しかしヤマガラ以外は少ない。界隈は墓参や行楽客でごった返し、鳥たちは姿を隠した。先週出会った鳥たちも姿はなし。キビタキの♀タイプが僅かに見られるだけ

_d8h4677_edited1

そんな中、舞い上がったのが今日のハイライト。謎のタカ

_d8h4682_edited1_d8h4661_edited1

見慣れぬバランスは、ハチクマのようだ。地元では、サシバの逗留が話題になったが、このハチクマも一休みしていたようだ。低空に現れ、上昇気流をつかまえて飛び去っていった

_d8h4696

ハチクマが飛び去った空には彩雲がたなびいていた

_d8h4821_edited1_d8h4928_edited1

野川公園は彼岸花の名所になっている。毎年気候が違っても、ピタリお彼岸に咲くのが不思議

_d8h4836_edited1_2

彼岸花は不気味な話を子供の頃に聞いていたから、あまり積極的に写真を撮る気が起きないが、カルガモと組み合わせてみた

_d8h4782

里降りのヒョウモンが盛り。ミドリヒョウモンばかりだが数は多い。ツマグロヒョウモンを圧倒する数だ。最近の出現状況をみると、ミドリヒョウモンは当地で繁殖している。夏だけ高原に登るのだろうか

_d8h4884_d8h4944_edited1

秋になってようやく撮れたオニヤンマ。ナンバンギセルもまだ咲いていた

_d8h4958_edited1_d8h4917_edited1

外来ながら当地の秋に定着したキバナコスモスとツマグロヒョウモン。心配なのは赤とんぼ。アキアカネがまったくいない。全国で激減が話題になっているが、昨年は多くを見かけてほっとしていた。しかし、今年は壊滅的にいない。見かけたのはコノシメトンボ

_d8h4993

当地にノビタキが来るのは例年10月だが、今年は早いかもしれないと思い探した。いたのはモズだけだった

秋は確実に来ている。アキアカネはやって来るだろうか。

|

« 秋鳥が本格化 9.14更新 | トップページ | キレイな時期が始まった 9.28更新 »

コメント

こんばんは!ハチクマいいですね〜〜!!
私も体調が良かったら行けたのに…。悔しいですっ!
彼岸花って赤だけかと思ってました。白もあるんですね。
キバナコスモスとツマグロヒョウモン、すごくきれいですね。
オレンジ色の花にオレンジ色のチョウチョがとまっていて
とても不思議で幻想的なお写真ですね。

投稿: すずめちゃん | 2014年9月21日 (日) 21時02分

すずめちゃんさん、こんばんは。
相方さんはデジスコセットだったので、ハチクマは撮れなかったのですね。ボクの写真もいまいちですけど・・・
キバナコスモスもツマグロヒョウモンも、多摩地方では見られなかった外来というところがビミョーですが、キレイですよね。
体調不良、お大事に。

投稿: きへん | 2014年9月21日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋鳥が本格化 9.14更新 | トップページ | キレイな時期が始まった 9.28更新 »