« ジャパンブルーのとき 6.15更新 | トップページ | 梅雨間 6.29更新 »

日照時間 6.22更新

梅雨時なので雨が多く晴れが少ない。当たり前だが日照時間を調べてみると冬晴れ続きの1月や2月より長い。よく考えると、夏場は日が長いわけで、わずかな晴れ間も数えてみると結構長い日照時間になるというわけだ。その一番昼が長い夏至をまたいだ週末だった

_dsc0744

日照が残った土曜日、近所を点検すると、チョウトンボが発生していた。まだ数が少ないうえに、午後だんだんと風が強くなると葦原に潜んでしまい、シャッターチャンスはわずかだった

_dsc0695

夏のトンボがどんどん増えている。ウチワヤンマも健在

_dsc0845

最近、昆虫観察グループでは青緑の蜂セイボウが話題になっている。オオセイボウなら知っているが、小さい種類を含めると数十種類も生息しているらしい。これもその一種だが、詳しい名前は忘れてしまった。ネットで検索してもわからない。ハチはいまだに謎の多い昆虫だという

_dsc0935_edited1_2

いよいよ鳥の話題が減って来た。ツミやオオタカも曇り空では冴えないね

暦の上では21日が夏至だが、天文学的には21日の19:51の一瞬が夏至。この瞬間から太陽は冬に向かう。まだこれから暑くなるのにね。

|

« ジャパンブルーのとき 6.15更新 | トップページ | 梅雨間 6.29更新 »

コメント

きへんさん、こんにちは!
昨日の朝はカッコウのカップルがいましたよ!
カッコウといえば、高原にいるイメージがありましたが、
近所にもいるんですね〜。
しかしヤブ蚊がひどすぎて、公園での鳥見がつらい時期になりました…。

投稿: すずめちゃん | 2014年6月24日 (火) 11時21分

すずめちゃんさん、こんばんは
カッコウは毎年来ているようですね。
鳴き声だけでなかなか姿を見せませんが、
ペアが見られたのはよかったですね。
オナガにでも托卵してると面白いですね。

投稿: きへん | 2014年6月25日 (水) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャパンブルーのとき 6.15更新 | トップページ | 梅雨間 6.29更新 »