« 最も寒い時期 1.26更新 | トップページ | 雪の日の雪加 »

静かなまま2月 2.2更新

冬鳥が来ないまま2月になった。立春寸前の時期ながら、暖かい。シジュウカラもすっかり春のさえずりだ。もう冬鳥には期待せず、春の散歩と決め込んだ

_d8h1715 _d8h1750

土曜日・2月初日の日の出。さすがにこの時間は零度くらいまで下がるが、日の光に照らされると暖かくなる。池のカモものんびり。

_d8h1828

朝日に照らされたカワセミ。カワセミの羽は、順光側からは明るいグリーンに光る。ボクはこの色が素晴らしいと思う

_d8h1870 _d8h1880

日曜日は午前中、小雨が降り暗かった。薄暗いと冬らしい写真になる。珍しい鳥は諦めて普通の鳥を撮る。シメも今年は珍しいくらい少ないが

_d8h1902

昼頃になるとだんだん明るくなり、鷹が舞った。ハイタカだと思うが、オオタカとの区別は自信がない。写真にとると大きさの区別がつかないからね

_d8h2024 _d8h2042

ノスリも相次いで2個体が舞った。片方はカラスに絡まれて煩わしそうだったが

_d8h2082

オオタカも飛んできたが真横。ノスリに比べて滑空速度が早いから写真は失敗しやすい。今日も失敗作

冬鳥が来ないなら、こうして鷹を見て過ごすのが正解なんだろうな。

-------------------------------

_d8h1854 鳥がいないなら空を撮ろう。

土曜日の夕方、彩雲が出ているのに気付いた。

何かの吉兆だとよいな。

 

 

 

 

8091_edited2_4 鳥がいないなら星を撮ろうシリーズ。

土曜日早朝のおおぐま座方面、2つの星雲は左がM81、右がM82。M82の中のマークで示した場所の輝点が、10日ほど前に発見された超新星。

普通の鳥撮り用のカメラで、府中の、やや春霞の空ながら12等級くらいまで何とか見えた。素人技ではこれが限界? あまり入れ込むと、金も暇も足りなくなるからほどほどにしようと思う。

 

|

« 最も寒い時期 1.26更新 | トップページ | 雪の日の雪加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最も寒い時期 1.26更新 | トップページ | 雪の日の雪加 »