« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

最も寒い時期 1.26更新

大寒のこの時期が最も寒い時期なのは分かり切ったことだけど、今年の寒さはちっと違う。気温はむしろ暖かいくらいだけど、鳥が何もいなくて心が寒い。春に向かって改善の兆しはないか、探したが・・・

_d8h1590

春の息吹はいろなところに見られる。植物の知識が無いので名前はわからないが、山菜の類か

_d8h1578_d8h1601

梅は紅白とも咲き始めている

_d8h1537_d8h1550

カワラヒワは今週も多い。朝の体操の人たちのそばにもいる。しかし探し回っても他の鳥は混じっていない

_d8h1563

樹上の餌は減ってきたのだろうか。珍しくオナガが地面に降りていた。餌もないとなると、これ以上冬鳥は来ないということか・・・心配だ

_d8h1575

少しだけ良い兆しは、アオゲラがペアになったこと。どこかで巣穴づくりを始めているかもしれない

来週は2月。旧暦でも新年だ。鳥が来るとよいな。

| | コメント (0)

春の気配 1.19更新

典型的な冬型で北風が強い一日だったが、日射しがしっかりしていて、それほど寒くはなかった。天文学的には太陽黄経300度の瞬間が大寒で、今夜、正確には月曜の未明4時頃らしい。暦でも一番寒い時期ということだが、それは立春の直前でもある。フィールドに春の兆しが表れる頃でもある

_d8h1035

春の気配はないかな、と歩くとセツブンソウが開花していた。去年より一週間ほど早いのではないかな

_d8h1149

早咲きの白梅もほころんでいた。今年の春は案外早いのかもしれない

_d8h1066 _d8h1077

冬鳥は相変わらず少ない。仕方がないのでセンダンを食べに来たムクドリやヒヨドリを撮って過ごす

_d8h0996

わずかな気配は、先週あたりからカワラヒワが増えたこと。鳥の群れは移動しているようだ。もっといろんな鳥の群れがやってこないかと期待

_d8h1269

池のカモは健在。アメリカっぽいのもいる。池の氷が溶けたらカモの数が増え、この日は140。新記録じゃないかな

_d8h1205

カラスはここでも嫌われ者。水飲みに降りるとカモたちは静かに遠ざかる

_d8h1116

嫌われカラスがノスリをモビング。執拗に追っていたから、よそ者のノスリかもしれない

_d8h1476_edited1

鳥がいないから星を撮るシリーズ。今日は富士に沈む「水星」。太陽のときは「ダイヤモンド富士」、少し珍しい月の場合は「パール富士」というらしい。水星の場合は何と呼ぼうか。水星は見るだけでも難しいから富士に掛かるのは相当難易度が高いと思うが、他に撮影者はいなかった。ちょっとマニアック過ぎたか・・・

立春とともに鳥が来るとよいな。

| | コメント (0)

冬の夕暮れ鳥 1.13更新

成人の日三連休。北風が強まったが東京は晴天。晴れ着で雨雪は可哀想だから晴れてよかったんじゃないだろうか。昨日は赤い鳥だったが、今日の鳥探しは近所の公園偵察だけにした

_dsc00331

気になっていた鳥、タヒバリ。毎年冬の夕方に近所の公園にやって来るのだが、今冬は会えていなかった

_dsc00241

珍しい鳥ではないから話題にならないが、いつもいる鳥がいないと気がかりだった

_dsc00301

暖かい休日は家族連れで賑わうので鳥が遠慮しているのかと思っていたが、今日は凧揚げの子供たちの近くにいた

いつもの鳥がどんどんやって来るとよいな。

| | コメント (0)

ようやく彩り 1.12更新

絶妙な曜日の並びのうえ、天気の巡りも好調で、絶好の休日がたっぷりだが、肝心の鳥がいない。今日もだめだろうと思ってゆっくり始動したが、久しぶりに楽しかった。

_d8h0838

今日のトピックスはベニマシコ。珍しい鳥ではないが、地元の公園では希少。

_d8h0885 _d8h0930

ひと冬に一度出会うかどうかで、これまで♀ばかり。紅い♂ははじめて。ずっと藪に潜んで撮りずらかったが楽しめた。

_d8h0637

この日は久しぶりに好調で、ピラカンサにはジョウビタキ♂

_d8h06771 _d8h0604

ツグミもヒヨドリも赤い実にやってきた

_d8h0806

黄色いアオジも枝どまり

_d8h0751

緑のカワセミも目の前

_d8h0720_2

どういうわけか、行儀よく整列して泳ぐオナガガモ

_d8h0764

ロウバイも咲いた。わずかに春の気配

どんどん彩りの綺麗な鳥が来ると楽しい。

| | コメント (0)

静かなスタート 1.5更新

9日間も休みが続いた年末年始だったが、鳥の方もお休みモードのまま。静かな静かなスタートとなった。あせらずゆっくり過ごしなさいという神のご意志と受け止めよう。

_dsc5353_edited1

5日になって、ずいぶん混雑が緩和した大國魂神社に、1年の平穏を願う

_dsc5357_edited1

お守りとお札に力添えを頼む

_d8h0460

初鷹はノスリ。写真は、晴れた1/3の空

_d8h0433

渡り鳥が少ないから、しばらくカワセミにお世話になるかもしれないな

_d8h0332

毎年、正月に戯れることが多いエナガ。よく見ると紅白の縁起を感じさせなくもない

_d8h0319_d8h0406_d8h0428

新年の挨拶ができた鳥は、アオジ、キセキレイ、ルリビタキ

今頃が一番日の出が遅い時期。これから、だんだんと日が長くなる。太陽の再生とともに、いろんな鳥が帰って来るとうれしい。

| | コメント (0)

初日 1.1更新

元旦はおだやか。少し風があるが寒気は和らいだ。すこし霞がかっているが雲の無い晴天の初日

_d8h0254_edited1_2

元旦の赤富士。薄霞の向うに荘厳な姿が浮かび上がった

_dsc5326

武蔵野の森公園の初日の出。寒さが和らぎ氷がとけたのでカモの数が戻った。元旦のヒドリガモは約70

_d8h0281_edited1

見通しのよいこの公園は、近年初日の出の名所になっている。400人くらいいたんじゃないかな。初日が昇ってしまうと、お節料理の待つ自宅へ一斉に帰るわけだから、駐車場では出口渋滞が起こっていた。

楽しい一年の始まりだとよいな。

 

| | コメント (0)

謹賀新年 1.1

2014newyear2

よい一年でありますように

 

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »