« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

ムギマキとの出会い 10.27

台風が過ぎると北風や西風になる。台風一過の日曜日、何か置き土産がいないかなと、フィールドを歩いた。カメラマンの来ない静かな森で、鳥見の先輩と話をしていると、ジジッジジッというキビタキ音。藪をかすめる姿を追うと動きが違う。地元で初めてのムギマキとの出会いだった

_d8h3380

戸隠で見たときはキビタキそっくりとの印象だったが、胸を張って尾を振るジョウビタキのような動作だった

_d8h3433

終始逆光気味で撮影は苦戦も楽しいひととき。ようやく光を背に受けた一瞬

_d8h3518

こんな鳥を独り占めしては叱られるから、控えめに情報網に伝達すると、控えめから控えめに伝達が広がり・・・2時間後には千葉から問い合わせが来るほどの情報爆発。50人から100人の見物人で賑わった

_d8h3546

沢山の見物人を警戒しながらも、15分置きくらいで、この青い実を食べにくる。サワフタギのようだ

_d8h3526

北陸から西に抜けるのが定番コースなので東京では滅多に見られない。翌日にはもう旅立ったという

台風に吹き流された、まだ若い♂の迷い鳥だから、越冬地に到着できるかどうかの見通しは厳しいのかもしれないが、無事仲間と合流して、願わくば、成長して当地を再訪してほしい、と切に思う。

| | コメント (0)

ツールドフランス 10.27更新

次々に台風がやって来る厄介な秋。先週の宇都宮・ジャパンカップに続き、今週土曜はさいたま新都心でツールドフランス記念イベントが開催される自転車月間。台風で中止も心配されたが何とか開催された

_d8h3227_edited1

ツールドフランスは7月にフランスで開催される世界最高峰の自転車ロードレースだが、その100回を記念に、なぜか、さいたま新都心でイベント開催となった。本気モードのレースではなく、のんびり感も漂う

_d8h3269_edited1

黄色いジャージがトップの証。チャンピオンのクリス・フルームも来てくれた。

緑のジャージがポイント賞のしるし。人気者のピーター・サガン

_d8h3144_edited1

左の白いジャージが売り出し中のキッテル。迫力ある

Dsc03076_edited1 Dsc03084

台風が逸れたので午後には雨も上がり、結構な人出。しかし観戦禁止エリアが多くて警備員がうるさい。しかし、禁止エリアの目隠し布をめくって観戦する大衆パワー。いいね

夕方、メインレースがあったが、野暮用もあり昼の2レースだけ見て帰宅した。

-----------------------------------

翌日曜は台風一過の快晴

_d8h3583 _d8h3581_2

池のヒドリガモはまた増えて60。今年も緑っぽいのも混じっている。アメリカヒドリの交雑だろうけど、色合いの変化が楽しみ。

| | コメント (0)

キビタキまだ多い 10.19更新

週中に大島に惨事を引き起こした大きな台風が通過した。大島便が発着する調布飛行場の飛行場祭りは中止になった。空もどんより曇り空。気持ちも晴れない週末だが、午後MFを一周、鳥の様子を点検した

_d8h3001

急に寒くなったことでもあり、夏鳥は抜けてしまったのではと予想していたが、行ってみると今年一番キビタキが多い

_d8h2961_d8h2899

不思議なことに成鳥♂ばかりに出会う

_d8h3022

水も飲んだ

_d8h3035

十月桜が満開。ごみ処理場が廃止になり多摩川線がよく見える

_d8h3104

公園のカワセミ。背景が少し色付いた

今週も大きな台風が来るようだ。何事もなく通り過ぎてくれればよいが・・・

| | コメント (0)

秋晴れ3連休 10.14更新

渡りの季節のど真ん中。台風も前線も見あたらない絶好の秋晴れ。遠征も絶好だが、渋滞を考えると億劫になるし、何より医者からはまだ骨折治療終了の許可がもらえていないから静かに地元で鳥見

_d8h2604

キビタキ最盛期で、あちらにもこちらにもキビタキがいる

_d8h2640_d8h2507

こうして写真を並べると、本当に沢山いるように錯覚するが、数年前に比べると明らかに少ない

_d8h2494_d8h2580_d8h2683_d8h2831

実際には、探し回ってようやくメスタイプに出会う程度。昨年は壊滅的に秋の渡りが不調だったが、今年は少しマシだが少ない。昨年と違って木の実はたくさんあるんだけど・・・

_d8h2734_d8h2779

キビタキ以外がさらに少ない。エゾビタキは1羽しか残っていない。せめてオオルリを、と探すが・・・少し雰囲気はあるが、キビタキなんだろうね

_d8h2454

渡りの鳥が少ないなら、せめて秋らしい写真

_d8h2416

池にはヒドリガモ・エクリプスが3羽。冬鳥到着。

どんどん秋が深まっていくんだろうな。

| | コメント (0)

キンモクセイの頃 10.6更新

10月になった。この頃が秋の渡りのピークで、府中でオオルリやノビタキが見られるのもこの頃が多い。ちょうどキンモクセイがいっせいに咲く時期。むせ返るような香りの中を鳥見

_d8h2164_2_d8h1991_2_d8h2104_2

キンモクセイは鳥に人気で、メジロ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、まれに渡りのヒタキもやって来る。しかし葉陰に潜ってしまい、写真を撮るのは案外大変だ。花の蜜に興味があるわけではなく、虫を捕っているようだ

_d8h1962_2

午前は早朝までの雨が上がりきらないような曇りで、蒸し暑いだけで鳥が見つからない。たまにキビタキの♀タイプと出会うだけ

_d8h2286

昼頃からようやく鳥の動きが活発になり、キビタキ♂も登場。背景が緑だと秋の渡りらしくないが

_d8h2022

鳥が見つからなかった午前中、大きなスズメバチの巣を発見。公園事務所に知らせておいた

_d8h2068_d8h2156

青空にオオタカ、黄葉にメジロ。だんだん秋らしくなってきた

さて、この日もオオルリ目撃話があったがなかなか見つからない。一見するとキビタキと変わらないから、ともかくシャッターを押しておかないとね、と鳥見仲間と会話

_d8h2202

帰ってチェックしていると、身に覚えのない写真が。ともかくシャッターを押した一枚が顔が隠れたオオルリだった・・・気が付いていれば。もっと探したのにね。

来週は三連休。爽やかな秋空を期待しよう

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »