« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

初秋の干潟 8.26

休み明けにいきなり5日間出勤するのはつらいので、月曜までを夏休みにした。その最後の26日を久しぶりの三番瀬で過ごした。里の鳥の渡りはまだだが、干潟の鳥の渡りはピークに近い。夏のアジサシも残っていて珍鳥もいるかもしれないという

_d8h0425

オバシギが来ていた。若鳥の冬羽だが、それなりに味わい深く綺麗だ

_d8h0399

オバシギは6羽いた。2羽と4羽のグループで行動。

4羽が等間隔で歩いているのを見るとビートルズを思い出す

_d8h0554

3羽が集まっているとキャンディーズを思い出す。

飽きるほどいるはずのキアシシギだが、広大な干潟に3羽だけ

_d8h0692

三番瀬の主役の感があるオオソリハシシギ。

2羽で翔ぶ。ピンクレディーか

_d8h0614

一羽だけエリマキシギ

_d8h0667

メダイチドリが沢山いるが、右端はオオメダイ。足が長い

_d8h0560_d8h0572

ソリハシシギも結構いる。冬のミユビシギも数多くなっていた

_d8h0702_d8h0657

ダイゼン、キョウジョ、トウネン。ハマシギも増えていて冬の常連が揃っていた

_d8h0524_2

アジサシ、コアジサシの大きな群れは見られたが、お目当ての黒いのはいなかった

_d8h0293
最後は少し可哀想なハナシ。2羽見られていたウズラシギの一羽が衰弱して立てない。抜け目なくウミネコが襲う。

海に逃れたものの、おそらく立ち直ることはないだろう。

平穏に見えるが厳しい自然

厳しい自然は厳しい冬に向かう。せめてその前に、ゆっくりと静かな秋を楽しみたい。

| | コメント (0)

遅めの夏休み 8.24

今年は骨折回復待ちで夏休を引き延ばしていたが、8月後半になってしまったので取得した。さすがに山登りは自粛したが、鳥や蝶の季節もほぼ終わり。久しぶりに撮り鉄したりして過ごした

_d8h0116

夏の蝶はほぼ終わっているが、ムモンアカシジミの断末魔くらいは見えるかなと諏訪近辺の森に行ってみた。静かで気配なく諦めムードのとき、下草にオレンジが見えた

_d8h0128

擦れてはいるが、尾状突起も残る終末期のムモンアカシジミ。3週間前には蝶愛好の皆さんのブログを賑わしていたから、3週間後の最後の姿を確認しただけでオッケーとしよう

_d8h0140

森は夏の終わりの寂しさ。クモの巣には大物クワガタが掛かっていたが、巣の主はもういなかった。

これで、この夏の自然観察はおしまい。故郷名古屋の往復ついでに少し撮り鉄してお茶を濁した。

----------------

Dsc02970

三岐鉄道北勢線・楚原

可愛いナローゲージトレイン

この場所は見覚えがあった。35年ほど前に一度訪れている

_d8h0011Imagea0011_edited1

電車は近代的になったが、雰囲気は驚くほど変わっていなかった

_d8h0069_2

三岐鉄道・丹生川

日本中で数少なくなった私鉄貨物

藤原岳を背景に重連電気機関車が来た

Dsc02803

西藤原駅の保存機関車

貨物博物館というミニ施設が月に一回開くらしいが、この日はもちろん休み。それでも屋外展示なので見ることができる

Dsc03038

小海線・小淵沢

天気が良ければ背景に甲斐駒ヶ岳が望めるはずだが、小雨

----------------

山に登れないなら、麓から眺めようと思ったが、晩夏の不安定な天気でそれも無理そう。3日間だけのショートトリップで夏休みを終えた。

| | コメント (0)

残暑激しい 8.18更新

観察してみると秋が随所に見られる頃ではあるが、残暑厳しく出歩くのが億劫になる頃でもある。熱中症が盛んに報道されるので、余計に外に出る勇気が萎える。自転車に乗ると手首も疼く。それでも折角の休みだから時間限定で地元点検

_d8h9987
_d8h0001_d8h0004

そろそろ時期だろうと思って探していると、いましたルリモンハナバチ。青の縞々が格好いい。今年はキバナコスモスがほとんど無いので探すポイントが限られてしまうが、なんとか確認できた

_d8h9959_d8h9915

新鮮なキマダラセセリ。年二化の蝶とのことなので秋発生個体だろう。オニヤンマもシーズン後半にようやく目前にとまった

_d8h9846

池では、第一家族の二番子が孵っていた。生まれて一週間以上経っていそうだ。数は3羽しか確認できなかったが、どうだろう

_d8h9765_d8h9864

夏枯れの鳥。顔ぶれは変わらない。大きくなったカルガモと遠くの柵線にとまるセッカ

_d8h9924

セミの抜け殻にクモがとまっていた

_d8h9527_d8h0007

ミンミンゼミが鳴き暑苦しい。カラスも暑そう

_d8h9433_d8h9585_d8h9404


空には赤とんぼ。急減が心配されているアキアカネだが、今年は多いかもしれない。久しぶりに群があちこちでみられる。うれしいことだ

-------------------------------

_d8h9497極端な天気が多い昨今だが、野川公園では何本かの大木が割れて倒れていた。先日の雷雨の嵐だろうか。静かでさわやかな秋までに、まだ極端な荒天を乗り越えなければならないのだろうか。

| | コメント (0)

立秋猛暑 8.11更新

まあ毎年のことだから驚かないが、立秋の頃は猛烈に暑い。今年は梅雨明け後一週間の猛暑の後しばらく涼しかったが、ここにきてぶり返した。府中も38度。そして午後三時に落雷連発の豪雨が降って、気温は一気に10数度下がった。極端な天気だ

_d8h9343_d8h9354

公園の花壇のマツバボタン。天然の花が少ないので、蜂たちはこうした花壇に蜜集めに来ている

_d8h9395

一週間でずいぶん大きくなったカルガモ。7-8羽のまま元気。シラサギの落とし羽の横をずいずい泳ぐ

_d8h9370_d8h9377

チョウトンボは交尾期。交尾時間が短いのでなかなか上手く撮れない。交尾後の♀はしばらくじっとしていることが多い。受精行動の一環なのかもしれない

Dsc02760_edited1Dsc02760_panorama_edited1

安原製作所のMADOKAというSONY-NEX専用全周魚眼で遊ぶ。PTGuiというソフトでスティッチすると面白い超広角画像になる。無料お試し版を試用している段階なので、画像に文字が重ねられてしまうが、お金を払うかどうか思案中

Dsc02729_edited1Dsc02729_panorama_edited1

日本円換算でおよそ1万円のライセンス料だが、この絵の面白さと相応しい価値かどうか、もうしばらく遊んでみて評価しよう

Photo

そして午後3時10分。府中・調布界隈は、猛烈な雷雨。我が家は瞬間停電があったが、PCはシャットダウンしておいたので無事。猛暑を冷ましてくれるのはよいが、最近の天気はちょっと極端だね。

------------------------------

随分回復してきたので、骨折経緯を備忘しておく

6/7 14:30 北海道で転倒骨折。 大雪山旭岳の下りで、斜面に砂等が乗っている表面で滑って尻餅。左側は望遠レンズ付きカメラを持っていたので咄嗟にかばったのだと思うが、後方に出した右手がつっかえ棒になったようだ。それほど痛みは感じなかったが、かつて経験したことがない強い衝撃で痺れたので、折れただろうな、との自覚はあった。指が動いたので捻挫で済んでいてくれないか、との淡い望みはあったが。

17:30 テーピングして下山し、クルマを運転して旭川のホテルに向かう途中、東川付近で整骨院を見つけて治療。すぐに骨折と言われたが、東京からの旅行者ということで、ずれの整復と添え木固定の応急処置にしてもらった。これで痛みも痺れ感もかなり解消したので、その晩もビール外食したり、濡らさないように注意しながらシャワーを浴びたり、翌6/8は終日クルマであちこち走ったり、帰京後6/9は日曜だったので、通院せず買い物したりと、多少やせ我慢ではあったが軽傷を期待した。

6/9朝 府中で整形外科。 レントゲンも撮ってしっかり診断。橈骨遠位端骨折で、尺骨の骨折もあるとのこと。ずれはないが腫れがあるので、本格的ギプスではなく簡易なギプシーネで肘から2関節固定。

最初の一週間 ギプシーネは包帯で縛ることで固定を保つようで、およそ2日置きに通院して、包帯まき直し。指が動くのでPCのキーボードが打てて、仕事はほぼこなせたが、どちらかというと暇な時期で助かった面もある。風呂は蓋を半分したままにして、ビニール袋で覆った右手を蓋の上に乗せるスタイルを編み出して毎日入浴。

2週間目 腫れがひいたとのことで、本格的なギプス固定へ。現在のギプスは包帯のようなのを巻くとすぐに固まるという仕様でびっくり。ギプスは手のひらも固定が巻かれ、先週より不自由。ネットで腕吊り具と入浴用の腕じゅうを覆うビニールを購入し、生活改善に努める。

3週間目 この週から肘の固定が解除できるかも、ということで期待したが、レントゲンで骨折箇所のずれがみつかり、もう1週間2関節固定となった。この週は痒みも出てつらかった。ギプスはいったん外して看護師さんが手を洗ってくれるのだが、ギプスが担っていた荷重が自分にかかるので、腕じゅうものすごく痛かった。

4週間目 ようやく肘の固定が外れて、見た目軽快になった。そして何よりも固定が手首だけだと、耳かきやストローなどが痒いところに届く。これはうれしい。肘が動くのでクルマも運転可能になったのもGood。肘の痛みもそれほどでもない。

5週間目 もう一週手首ギプス。固定治療の終盤だが、早くも梅雨が明けてしまって猛暑となったことと、カレンダーの都合で海の日3連休が固定状態だったのは最後の試練。

7/16 待望のギプス解除。ギプスの下半分が、そのまま添え木となって包帯で固定されるのだが、自分で自由に巻いたり外したりしてよく、入浴できるのがうれしい。久しぶりに湯船に右手をつけたときは、本当に愛おしかった。

7/23 添え木も解除。リハビリ開始。さあ全快かと思っていたが、実はここからが案外大変。関節は動かない、筋はつっぱっている、筋肉は半分に落ちている。レントゲンでは、まだ骨折部は完全ではないとのこと。いたわりながらのリハビリ

劇的に動きが改善する瞬間があったりするが、だんだんと改善はなだらかに。痛みも少しずつ和らぐような変わらぬような・・・ そんな感じで現在に至ってます。

以上

| | コメント (0)

遅めのカルガモ一家 8.4更新

8月を迎えるこの頃は、鳥は完全な夏枯れに入る。子育てが終わって換羽に入るため藪に潜るのが見つけずらい真相らしい。手首もまだリハビリ中なので、期待せず夏枯れの地元散歩に出ると、予想外に可愛い一家が出迎えてくれた。

_d8h9177_2

遅れてきたカルガモ一家。4~5日前に池にやってきたという

_d8h9215

ペンギンのような羽ばたき練習が可愛い

_d8h9170

群から危険な一人旅に出るやんちゃ坊主もいる。8羽いたというが今日確認できたのは7羽。危険がいっぱいなのだ。

_d8h9104

池の真ん中では成鳥が水浴び。蒸し暑い8月は水鳥も不快なんだろうか。

---------------------------------

_d8h8806_d8h8873
Dsc02687_edited1Dsc02659_edited1

昨日は2013FC東京夏まつり。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »