« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

チョウトンボ最盛期 7.28更新

土曜日が仕事となってしまい単発休日。骨は繋がって包帯も不要となったが、まだ「生乾き」状態。衝撃受けたら折れるよ、と脅されていてサポータで締め上げて、ゆっくりリハビリ。まだ力も戻らず痛みもあるので、近場散歩だけ

_d8h8632

この時期は変化が少なく、先週と同じようなアングル。朝一番の新島行飛行機を見送るホオジロ

_d8h8704

盛夏の頃。チョウトンボの最盛期でもある

_d8h8663_d8h8697
_d8h8707_d8h8758


乱舞状態で、あちこちでテリハリしているが、♂ばかり。少しづつ模様が違うのが面白い

_d8h8767

ギラギラ太陽が暑くなってきたので、朝だけで散歩は終わり。トンボたちは♀待ちで頑張ることだろう

| | コメント (0)

猛暑か涼夏か 7.20更新

ようやくギプスがとれたが、一か月動かさなかった関節や筋肉が固まっているので、まだリハビリ状態。久しぶりに自転車で行動範囲を少し広げてみたが、地元は一番変化がない時期。猛暑一転涼しくなったのが僅かな救い。

Dsc02608
Dsc02602Dsc02618

20日は大國魂神社のすもも祭り。前九年の役の戦勝お礼参りが起源というから、およそ1000年の歴史ということになる

Dsc02630

歴史のなせる技でもあるまいが、一夜で跡形もなく撤収済み

_d8h8601

先週と一転して涼しくなったが、景色はあまり変わらない。飛行場では遠くでホオジロが鳴くばかり

_d8h8540_d8h8545

涼しいがセミの季節は例年通りにやってきた。先陣を切って羽化するニイニイゼミは、小さくて保護色なので声ばかりで姿は見つけずらい

_d8h8515_d8h8571

だんだん緑が深くなった。そろそろ夏休みの時期だ。

| | コメント (0)

ジャノメチョウ 7.15更新

海の日3連休。山に行く計画もあったが、ギプス姿では仕方ない。雲が行きかう天気だが、蒸し暑い。ギプスの痒みをこらえつつ、涼しい朝だけ散歩した。

_dsc9291

昨夜の小雨で濡れた草叢に擦れたツバメチョウ。久しぶりに見た

_dsc9496

ジャノメチョウが発生していた。なかなか止まらない姿を追うと、羽の破れた黒い姿。どうやらオスは少し前に発生していたようだ。もっと間近で見られないかと探すと

_dsc9347

ずっと給蜜中の茶色い姿。こちらは新鮮なメスのようだ

_dsc9428_dsc9444

地味な蝶だが味わい深い蝶でもある

_dsc9477_dsc9415

蒸し暑い季節は、昆虫探しで汗だく。ギプスが外れれば少しは涼しくなるだろう。

| | コメント (0)

一気に真夏 7.7更新

ほとんど雨が降らないまま、随分早く梅雨明け宣言となったようだ。梅雨明けまでにギプスを脱ぐつもりだったが、先を越された。近場歩きだが、思いのほか暑い。午前で撤収した

Dsc02585_2

広がった夏空にチョウトンボが舞う

Dsc02587_2_dsc9147_2

梅雨明け宣言の昨日は雲が広がり、梅雨明け宣言は時期尚早では?と感じたが、今日は一転晴れ

_dsc9135_2_dsc9124_2

池のバンはすくすく。アカミミガメを興味深そうに睨めっこ

_dsc9102_2

久しぶりにカイツブリを発見。しかし雛の姿は見えず

_dsc9188_2_dsc9196_2

気が付くと草花も夏の顔ぶれ。オカトラノオと半夏生

_dsc9203_2_dsc9239_2

カミキリムシはあまり変わりがないが・・・

_dsc9209_2_dsc9214_2

久しぶりにタマムシを発見。綺麗だ

Dsc02598

びっくりしたのは、帰り道の自宅近くで、もう一匹タマムシを発見したこと。街中の街路樹の下に落下していたが、こんなところにも生きていたとは驚き

さあ夏だ。包帯を取って山海に出かけたい。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »