« カミキリムシを撮ろう 6.15 | トップページ | 続:池の近況 6.30更新 »

池の近況 6.23更新

まだギプスがとれないので、右腕パフォーマンスが半分以下だ。梅雨の晴れ間が気持ちいいが、遠出は控えて近場の池でのんびり。夏至の陽射しに輝くあのトンボも発生していた。そしてバンにも変化が・・・

_dsc8436

今年も無事に発生したチョウトンボ。発生直後らしく新鮮で虹色も美しい

_dsc8407_dsc8198

朝方は静かだったが、陽射しが降り注ぎ始めると、どこからともなく飛来して合計3匹を確認。この池はバンがヤゴを食べてしまうのでトンボには受難だが、どういうわけか、チョウトンボは安定的に多数発生している

_dsc8309_dsc8368

夏至は金曜日だが、この頃は日毎の変化はほとんどなく、日中の時間は14時間35分。真夏らしいアオスジアゲハにショウジョウトンボ

_dsc8128_dsc8173

バンの雛は誕生3週間が過ぎ、こんなに大きくなった。まだ親について歩く子もいるが、ほとんどかまって貰えない

_dsc8477_2

今年は例年と少し違って、営巣ペアがもう一組いる。この池を巣立った子は3年で70羽もいるから、そのうちの1羽が戻ってきたのかもしれない。こちらのペアが子育て出来ているのかわからなかったが、後ろに小さな動く姿が・・・

_dsc8478

どうやら雛が孵ったようだ。まだ一週間以内の小ささで、警戒心も強くて葦の中から出てこない。何羽いるだろうか

それにしても、この池のバンはおそるべし。2ペアが例年のように3番子まで育てたら、50羽が巣立つことになる。バンだらけになってしまわないか。

|

« カミキリムシを撮ろう 6.15 | トップページ | 続:池の近況 6.30更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カミキリムシを撮ろう 6.15 | トップページ | 続:池の近況 6.30更新 »