« 鳥も休みも飛んでいった 5.6更新 | トップページ | 渡りが終わって 5.19更新 »

裏高尾林道 5.12更新

週間予報よりも一日早く天気が巡り、日曜が晴れになった。そうなると新緑の山を歩きたくなって、裏高尾界隈の林道に向かった。暑くもなく寒くもなく、5月の陽光が降り注げば、蝶の乱舞が見られるはずだ

_d8h6133

ウツギにやってきたのはミヤマカラスアゲハ。逆光の透過色になってしまったのは惜しいが美しい

_d8h6145

黒いアゲハが乱舞しているが、ほとんどがオナガアゲハ

_d8h6498 _d8h6324_2

この界隈でよくみる「てっぺんオオルリ」。美しい囀りが山あいに響き渡るが、姿は遠い。この界隈は鳥の写真には向かない

_d8h6206

ミソサザイは数が減っているように感じるが、この時期は人目に付くところにも出てくるので楽しめる。すさまじい囀りも風物詩

_d8h6586 _d8h6696

標高は高くないが、まだツマキチョウの雄が新鮮。裏高尾の蝶相は山岳並か。この界隈のヌシの1つサカハチチョウも

_d8h6466 _d8h6441

圏央道で昆虫はかなりのダメージを受けてしまったが、いろんな虫がまだいる

_d8h6174

トンボも期待できる界隈だが、ようやく見つけたのがクロサナエ

_d8h6807

ウスバシロチョウが盛り。1年に一度は見ておきたい「猫の顔」の蝶

マイナスイオンたっぷりの林道歩きは、この時期が一番の思いを再確認して帰路についた。

|

« 鳥も休みも飛んでいった 5.6更新 | トップページ | 渡りが終わって 5.19更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥も休みも飛んでいった 5.6更新 | トップページ | 渡りが終わって 5.19更新 »