« 渡りが終わって 5.19更新 | トップページ | 4種のゼフ 6.2更新 »

コナラ食いゼフィルスのピーク 5.26更新

ゼフィルスというのは欧州でこの時期の季節風・西風の意味だという。日本では、こんな季節風は吹かないが、この時期の樹上性シジミチョウの仲間を、ゼフ・ゼフィルスと通称している。欧州ではサッカークラブNo.1を決めるCL決勝が行われたこの日は、主に蝶探し

_d8h7401

先週は見られなかったウラナミアカシジミも発生。地元で一番美しい蝶といってもよいと思う

_d8h7415_d8h7666
_d8h7424_d8h7350

アカシジミとウラナミアカシジミはコナラ類が食草。ほとんど花を訪れることなく葉っぱの上にいる。ちょうどピークのようで、発生木付近でたくさん見られた

_d8h7616

地元のスター蝶のひとつ、コムラサキ。角度、陽射し、新鮮さが揃わないと青紫の輝きが出ない。今日の一頭も少しやつれ気味

_d8h7371

気温も高くなってきて、アゲハチョウが公園の水飲み場に来た。夏らしい光景が見られるようになってきた

_d8h7628_d8h7550
_d8h7451_d8h7565

すっかり虫の季節。ノコギリクワガタ、ナナフシ、キスジトラカミキリ。アブラゼミはもう発生したのか、昨夏からしがみついていた抜け殻か???

_d8h7287

鳥の話題は少ない季節。カイツブリも雛もこんなに育った

渡りの鳥は、ほぼ終わり。今日はまだ、サンコウチョウの若が通過したが渡りのラストランナーかもしれない。

|

« 渡りが終わって 5.19更新 | トップページ | 4種のゼフ 6.2更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渡りが終わって 5.19更新 | トップページ | 4種のゼフ 6.2更新 »