« 先陣はノビタキ 4.13更新 | トップページ | 最高の時期 4.27更新 »

冬装備で夏鳥見 4.21更新

連日未明帰宅のうえ土曜日まで急な仕事。貴重な日曜日はまた雨。そのうえ真冬並みに寒い。それでも引きこもっていてはもったいないので、真冬の装備に身を固め里山に出た。

_d8h3034_d8h3104

気温は記録的に乱高下して、週末は冷たい雨に見舞われたが、ムサシノキスゲとキンランは順調に開花。寒さ以外は例年通りの春だ。

_d8h3325

例年通り、山に帰る前の集結がはじまったアカハラ。寒くても、キョロンキョロンと囀っている

_d8h3339

こちらも山に帰る前のビンズイ。冬は地味な印象だが、新緑の中にいると、さわやかな印象になる

_d8h3386

もうキビタキも渡って来ていた。繁殖地に一番乗りを目指す成長雄だけど、今日は日光あたりまで雪らしい。繁殖地はだいじょうぶかな

_d8h3294_d8h3090_d8h3125

夏鳥がどんどん渡ってきているが、冬鳥もまだいた。シロハラ、ツグミ、シメ。それでもシメは嘴が鉛色に変わっている。旅立つ日は近そうだ。




|

« 先陣はノビタキ 4.13更新 | トップページ | 最高の時期 4.27更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先陣はノビタキ 4.13更新 | トップページ | 最高の時期 4.27更新 »