« 最高の時期 4.27更新 | トップページ | 標高2112M 春が遅れていた 5.3更新 »

最高の時間帯 4.28更新

昨日は寝坊で出遅れたので、今日は夜明けとともに活動開始。やはり最高の時間帯は朝だ。その次に良いのは昼下がりから夕方。今日は、その朝と夕方だけ散歩した

_d8h3754_d8h3765

ギンランも咲いた。春霞や沸き立つ雲で遠望が利かない季節だが、早朝なら富士山がすっきり見える

_d8h3843

早朝はキビタキの合唱。新緑のもみじが綺麗

_d8h3744_d8h3891

ぐるっとフィールドを巡ると5~6個体が見つかった。茶色とまだらの若が多い。若が目立つのは渡りの後半だったような記憶だが、どうなんだろうか

_d8h3805

アカハラはまだいた。キョロンキョロンと夏山のサウンド。アカハラが見つかるのは、渡りの前半だったような記憶だが、どうなんだろうか

_d8h3908

センダイムシクイの囀りも賑やかだった。2羽が絡むように飛び交いせわしないが、広葉樹に潜んでいるときは静かにじっとしていた

_d8h3964_d8h4001
_d8h4041_d8h4007

新鮮なナミアゲハ、ぼろぼろのジャコウアゲハ、ようやく見つけたツマキチョウ、たんぽぽ

_d8h3770_d8h4156

まだ渡らない冬鳥もいる。シロハラ、ツグミ。そういえばシメもまだ多い

_d8h4123

油断していたら、もう巣立っていたカイツブリ。この冬は葦原が荒れていたので営巣は芽吹いた後と予想してノーマークだったが、いつの間にか営巣、産卵、抱卵、育雛が済んでいた! もうしっかりしていて背中には乗らない

連休2日目も幸せに過ぎていった。

|

« 最高の時期 4.27更新 | トップページ | 標高2112M 春が遅れていた 5.3更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高の時期 4.27更新 | トップページ | 標高2112M 春が遅れていた 5.3更新 »