« アカウソのホバリング 2.10更新 | トップページ | 消えたコイカル 2.23更新 »

厳しい余寒 2.17更新

残暑と対をなす季語は余寒。立春過ぎの寒さのことだが、年間最低気温もこの頃だったりする。非公式の日本最低気温マイナス41.2度が北海道幌加内町で記録されたのは2月17日なんだそうだ。寒い。午後数時間だけ散歩

_d8h7763
_d8h7789_d8h7791

法事やら何やらで時間が取れなかった週末だが、日曜の昼下がりに短時間だけ鳥見。寒いが春らしい写真が撮りたくて梅を探した。まだ開花は僅かで、鳥もほとんど来なかった。ちょっとだけ寄ったメジロ。まだ長居しない。

_d8h7727

今一番地元で撮りやすいのはアカウソかも。声を頼りに探せば目の前で撮れる。今日はサクラの花芽を食べていた。

_d8h7784_d8h7754_edited1

今年は冬鳥が多く、鳥見仲間のノーマークのところも探すと鳥がいる。人馴れしていないジョウビタキとルリビタキ。

_d8h7824ところで、先週騒ぎになったカラストラップに、まだ同じノスリが入った。どうやらすぐに逃がしてもらえた先週の経験に味をしめたらしい。タダで脂肉が食えるのがそんなに大事なのか、幼鳥とはいえ情けない・・・

ということで、今回はお灸を据えようと、しばらく檻から出してやらないのだそうだ。数日はカラスと暮らして嫌な思いを味あうことになるようだ。

|

« アカウソのホバリング 2.10更新 | トップページ | 消えたコイカル 2.23更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカウソのホバリング 2.10更新 | トップページ | 消えたコイカル 2.23更新 »