« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

早春へ 1.27更新

大寒も過ぎ来週は立春。日差しも日増しに力強くなってくる。早春の花が咲き始める頃でもある。鳥にとっては、いよいよ餌が枯渇する正念場で、この時期以降に渡ってくる鳥も多く楽しみでもある。雑用立て込んだが短時間春探しに散歩した。

_d8h5265
早春ポイントを探すとセツブンソウの一番花が咲いていた。早朝は氷点下5度くらいまで冷え込んでいるが、きちんと春を感じているのだから不思議。

_d8h5498

今年は開花が遅れ気味の蝋梅だが、1月終盤になれば満開。

_d8h5324
_d8h5482_d8h5452

野川ではキセキレイが水浴びしたり羽繕いしたり。このところキセキレイを見ないなあと思っていたら、いた。

_d8h5550

目につくようになったのはシメ。昨年は例外的に少なかったが、例年早春は大群が地面に降りて落穂拾いする。ことしも大群になってきた。

_d8h5236

姿が見えなくなっていたトモエガモが土曜日は戻った。もう夕暮れでお休みモードだったので、日曜に期待したらいなくなっていた。

_d8h5083

カワセミの輝きも増してきたように感じるのは気のせいか。春は近い。

| | コメント (0)

風邪で静養 1.20更新

雪が残る快晴の鳥見日和だけど、十何年ぶりかの風邪でダウン。

_d8h4215_edited1

年末から周りに風邪ひきが多く、結構しつこくタチが悪いのを見てきたので、大事をとって自宅静養。風邪で寝込むのは何十年ぶりか・・・

ところで、インフルエンザの罹患が疑われたら、医者に診てもらって会社には来るな、などと言うけれど、インフルエンザ検査が陽転するのは、発症後48時間以降なのだそう。それ以前は医者に行っても診断不能なんだとか。それでも感染能力はあるとのことで、医者に診断されたら会社を休むというのはあまり意味がないんだとか。

飛沫感染だから、感染者がマスクをするのが効果的らしい。先週の新幹線で、やたらとくしゃみをしていた親爺と乗り合わせてしまったが、あいつのせいで感染したんじゃないか。

なお、私はインフルでもノロでもない、ただの風邪なので、すぐ復活するでしょう。

大寒過ぎても、しばらく雪の降りそうな予報が続くので、気をつけて過ごそう。

###

数年ぶりでカメラを触らない週末でした。写真は本文とは関係ない、少し前に撮ったキクイタダキ。まともに撮れないのでブログアップできないまま。再挑戦の機会は来るか?

| | コメント (0)

初雪 1.14更新

爆弾低気圧で大雨の予報だったが、朝9時頃から雪になった。短時間だけ鳥見に行った。

_d8h4981_edited1

降り出して2時間後。すっかり雪国。

| | コメント (0)

越冬 1.13更新

先週故郷に帰っていたので、地元散歩は三が日以来。この間トモエガモが来たというが抜けたようで撮り逃がしたが、そのほかは安泰のようだ。変わらぬことを確かめつつ、変わったことは無いか、MFを一周した。

_d8h4509_edited1
_d8h4852_d8h4915

ウソはすっかり定着。春まで越冬しそうな落ち着き。桜の花芽も紅葉の実も豊富だから食料の憂いなし。むしろ桜が咲くのか心配になってきた。

_d8h4762_edited1

ミヤマホオジロは大変な人気。平日に60人ものカメラの放列ができたのだそうだ。当地では珍しいが珍鳥ではなく、丹沢や多摩の山際に行けば毎年見られる鳥なので、この人気は不思議。

_d8h4632_d8h4648

情報を広めるメーリングリストなんかがあるらしい。誰だって情報は欲しいものだが、ネットの威力で流通させるべき情報かは少し疑問。ここはたまたま広いからよかったが、狭い場所や私有地、保護地など鳥は神出鬼没だから、節度ある情報交換が大事だろうね。

_d8h4900_d8h4407

ルリビタキは♂♀がいる。この鳥は真冬の間に個体が入れ替わることがあるが、落ち着いた姿を見ていると、春まで越冬してくれそうに感じる。サービス良く至近距離でポーズをとるから、春までに撮り過ぎてしまいそうで心配なほど。

_d8h4929

ヒガラは今日も混群の中にいた。数が減ったようにも感じる。ゆっくり越冬してほしい。

_d8h4788_d8h4817

オナガガモは尾がピンと伸びてきた。大量越冬のヒドリガモも例年のように年を越して数が減った。

餌がいよいよ乏しくなるこれからが越冬の正念場。まだ姿を見せていない鳥も人前で餌探しを始めるはず。すこしづつ変わる季節に期待。

| | コメント (0)

一富士二鷹 1.1更新

喪中だから慶詞は避けるが、年初に一年を願いたくなる気持ちは普通に芽生え、近所の武蔵野の森公園へ初日を見に行く。そしてMFを散歩。お節も雑煮もないからいつもの休日と同じで気軽にコンビニめし。朝は冷えたが昼は暖かく穏やかな一日。

_d8h3550

飛行場に隣接して開けているから、いつの間にやら初日の名所になったようで、すごい人出。300人くらいいたのでは。5~6年前に初めて来たときは数人しかいなかったような記憶。

_d8h3599

あいにく地平線に雲が残り、綺麗な初日の出は見られなかったが、さわやかな朝。ヒドリガモもリラックスしている。

_d8h3689_edited1

天文台坂上から、初日に茜さす一富士。

_d8h3892

一富士ときたら二鷹。鷹見の丘でしばらく待つが、遥か遠くで一瞬舞うオオタカが見えただけ。まあ良いか。

鷹は今一つだったが、実は初日から望外の出会いが2つ。

_d8h3754_edited1

MFで久しぶりのベニマシコ!

ピポピポの鳴き声に気づいて藪前で待つ。するとモズがちょっかいを出しに来て、驚いて飛び出し逆光の枝どまり。初日が透けるベニマシコ♀。直後に彼方へ飛んでしまった。

_d8h3918

枯れた赤松をつつくアカゲラ。界隈に出没している情報はあったが、ようやく出会えた。

狙いと違ったが、当地ではきわめてレアな2種を連続発見。幸運な一年になるに違いない。

***

皆様、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »