« もう1つの立山 8.8 | トップページ | 切り換え 8.19更新 »

夏休みの花鳥風蝶 8.14更新

この夏は,剱・立山を中心とした山歩きに加えて,故郷の両親と飛鳥・吉野・葛城を回った。自宅からの往復を含めると1000キロは移動した。いろいろ見聞したわけだが,ピックアップしてブログアップしておく。

Dsc_5983_edited1

今年はあまりガツガツ鳥蝶探しをしなかったので,あまり成果がないのだが,その中で一番珍し系はこれかな。オオゴマシジミ。年一化のタイミングがこの時期で,道中たまたま出会った。

Dsc_6020_edited1 Dsc_6000_edited1

これも道路上。停車中のクルマにこだわっていたアイノミドリシジミ。もうボロボロだが,それでも輝く緑はさすがゼフィルス。

Dsc_6036_edited1 Dsc_6050_edited1

エルタテハとコヒョウモン。8月になると蝶も葉も瑞々しさがなくなってしまうが,この蝶は傷みが少なかった。

_dsc5858_edited1 P1020343_edited1

サカハチチョウは標高1000Mくらいで見た。いつも高尾あたりでばかり出会っているので山で会うと不思議な感じ。タマムシは関西でみた。府中にもいるが,これは玉虫の厨子の近くだから本場モノ?かな。

_dsc5456_edited1 _dsc5473_edited1

鳥は結局,このライチョウペアを見た程度。山上をアマツバメやチョウゲンボウは飛び交っていたが,うまく撮れていない。コンデジとミラーレスしか山上に持ち込まなかったので,写真の機動力が低下したこともあるかもしれない。一眼を望遠付きで担ぎあげるには,少し体力不足なのだ。

_dsc5219

観光旅行での印象的な風景は,箸墓古墳。ヒミコの墓ともいわれている。謎は深いが最古級の大型前方後円墳であることは確か。古代ロマンだ。

_dsc5251 _dsc5276

飛鳥の石の遺跡もロマンが尽きない。古代史は教科書で習っていない異説が面白いが,話が長くなるのでこのブログでは省略。しかし聞くと見るとでは大違いで,有名な謎の遺跡を巡れたのは,自分的には良かった。

_dsc5324_edited1 P1020189_edited1

遺跡としての時代は下るが,日本のマチュピチュといわれる高取城や楠木正成の居城である赤坂城などの山城も歩いた。山歩きと遺跡巡りの一石二鳥。

_dsc5504_edited1_dsc5598_edited1_dsc5766_edited1P1030137_edited1 P1020375_edited1_dsc5571_edited1 _dsc53941_edited1_dsc5575_edited1_dsc5756_dsc5601_edited1

立山の高山植物は6月の低温で遅れ気味なのか8月に入ってもまだピークだった。ハクサンイチゲ,タテヤマリンドウ,ヒトリシズカ?,アオノツガザクラ,チングルマ(花),チングルマ(種),イワツメクサ,イワカガミ,クルマユリ,シラネセンキュウ。もっといろいろ咲いていたが,雨模様だったり,疲れて時間がかかり余裕がなかったりで撮れていない。剱岳登頂の日は,結局行動食だけで,落ち着いて食事を摂ることもできなかったのだから。

|

« もう1つの立山 8.8 | トップページ | 切り換え 8.19更新 »

コメント

お盆休みをご堪能されたみたいで何よりです。
山頂にライチョウベア?なるこんな大きな鳥がいる事に驚いております。

古墳は子供の頃よくさきたま古墳の資料館に連れて行ってもらっていたので、(http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/index.php?page_id=157)箸墓古墳は卑弥呼の墓とも言われているので憧れの聖地?ですね(笑)

250年頃、日本は九州と本土の2カ国で成り立っていた。
っと考えれば卑弥呼は本土を治める女王だったのでは?と勝手に考えたりしています。

投稿: HAMA | 2012年8月23日 (木) 20時00分

2000年前も,人間自体は同じ知能だったのでしょうから,それなりに社会があって,女王への出世争いなんかもあったんでしょうね。関東も九州や近畿と変わらず発展していたらしいですしね

投稿: きへん | 2012年8月24日 (金) 23時09分

初めまして。私、福岡県小呂島の教員をしています山口と申します。実は、箸墓古墳の写真を探しています。離島振興センターがだしている雑誌、「しま」に箸墓古墳と小呂島の形がにていることから、前方後円墳の形のモデルは小呂島ではないかという論考を出すことになっています。そこで、撮影者の了承がいただける箸墓古墳の写真が必要になりました。いろいろネット上で探したところ、確実に本人が撮ったと思われるこのブログのすばらしい箸墓古墳の写真にいきつきました。ぜひよろしければ、この写真を使わせていただけないでしょうか?どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: 山口哲也 | 2013年8月28日 (水) 18時28分

山口さん、こんばんわ
素晴らしいと褒めていただけるような立派な写真ではありませんが、お役に立てるのなら、お使いいただいて構いません。メールをいただければ、多少、他の角度の写真もお送りできますよ。たいした写真はありませんが。

投稿: きへん | 2013年8月29日 (木) 02時06分

ありがとうございました。助かります。
ちょうどよい角度で写っていて、背景に対して形がわかりやすく、理想的な写真でしたのでよかったです。
メールの方にもお送りしています。
住所を教えていただけたら、お礼に1冊お送りします。
9月末に発行予定だそうです。

投稿: 山口哲也 | 2013年8月29日 (木) 21時23分

箸墓古墳の写真の借用の件ですが、当ブログ名かブログ主さんのお名前を、雑誌の方に掲載してよろしいでしょうか?詳しくはメールの方に書いております。お返事お願いします。

投稿: 山口哲也 | 2013年9月 4日 (水) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう1つの立山 8.8 | トップページ | 切り換え 8.19更新 »