« 剱岳・立山登頂! 8.6-7 | トップページ | 夏休みの花鳥風蝶 8.14更新 »

もう1つの立山 8.8

この夏,剱に登ったのには裏事情がある。立山カルデラ見学会という企画に当選したので立山に向かう理由ができたからなのだ。立山カルデラというのは,江戸時代から富山平野を土石流で埋めた原因の大崩壊地。一般立入禁止の秘境である。

Gif1c

立山カルデラは観光客や登山客で賑わう室堂から浄土山を越えた南側に位置し,常願寺川の上流部にあたる(イラストは立山砂防博物館より借用)。

P1030248_edited1

立山火山の噴火堆積物地域なのは室堂などと同じだが,河川地形や跡津川活断層の上にあることから,大崩壊地となっていて,江戸安政期や昭和44年などにたびたび大崩壊し,土石流で下流の富山平野・富山城下を破壊してきた原因となった地域である。大災害の再発を防ぐべく,国を挙げた工事が営々と行われていて関係者以外入れない。

P1030245_edited1しかしその中には,「剱岳・点の記」にも登場した立山温泉の跡地や富山では日本最初の有料道路と教えられている「越信新道」ルートが含まれていて興味が尽きない。

その見学会が毎夏何日も開催されていて,倍率は3~5倍程度。参加費2000円。

P1030333_edited1気軽に申し込んでいたら,何回目かで当選したという次第。

老若男女がヘルメットを被って,バスとトロッコで勉強するという体験学習会に参加の機会を得た。

_dsc5848_edited1

ここが崩落阻止の核心部,白岩堰堤。左の岩がカルデラ内唯一の岩盤で,これを固定杭として頼って大砂防ダムを幾重にも作って,地震や豪雨時にも一気の崩壊を食い止めているのだという。

P1030363_edited1 P1030380_edited1

さらに,その岩盤が崩落しないよう,内部のトンネルから沢山のワイヤーを岩盤内に張りめぐらせているという。その工事の拠点が,白岩脇にある僅かな平地,水谷平で,工事関係者が居住する秘境の街である。

P1030258_edited1 P1030274_edited1

立山温泉は崩壊地域のど真ん中にあった。16世紀に発見され賑わったというが,土砂災害に悩まされ昭和48年に閉鎖になっている。誰も二度と入れない秘湯中の秘湯だ。

P1030348_edited1 P1030341_edited1

驚いたのは水谷平の近くに「天涯の湯」なる現役の秘湯中の秘湯が存在したこと。工事関係者がカンパしあって作った秘密施設である。見学会の参加者も入ることは許されていないが,その横に足湯が作られ,そこだけ体験することができる。

_dsc5873_edited1_2

水谷平への作業員や物資の輸送は,工事用の専用道路と,工事用の専用トロッコの2本建てで相互にバックアップして有事の際の孤立化に備えている。ちょうどトロッコがやって来て物資が到着した。

Photo

実は,このトロッコこそ鉄道マニア垂涎の幻の超山岳鉄道なのである。正式な鉄道として管理されているわけではなく,時刻表に載らないのはもちろん,多くの一般地図にも無い。

しかし,この路線は,立山駅から水谷平までのわずか18キロの間で,何と38段ものスイッチバックを繰り返す世界一のジグザク鉄道である。

終点の水谷平も,左のように3段式のスイッチバック構造となっていた。

 

P1030461_edited1 P1030478_edited1

特に凄いのが,カルデラの出口にあたる樺平スイッチバックで,驚くなかれ連続18段のスイッチバックで,一気に高低差を稼いでいる。危険地域に位置するため降りて写真撮影というわけにはいかないが,体験乗車させてもらったトロッコから,先行するトロッコをちらちら見ることができた。

こういうところだから,楽しいと言っては叱られるかもしれないが,正直なところでは,遊園地のコースターなんかより,数倍ワンダーだと思った。ただし,いかつい工事関係者が目を光らせているから,窓から少しでも手を出すと厳しく注意される。子供向けの遊び道具ではないことは,強調しておかなければならないだろう。

<写真はクリックすると大きくなります>

|

« 剱岳・立山登頂! 8.6-7 | トップページ | 夏休みの花鳥風蝶 8.14更新 »

コメント

Σ(゚□゚(゚□゚*)ワワワ!!!!
きへんさんマニアックgood

貴重な体験ですよね・・・
これ、私の鉄道の先生(某目の前の大学教授の息子で小学5年生の鉄道オタク)に見せたら大興奮するんだろうな・・・
因みにその先生に勝手に「鉄子」とか命名されて鉄道の本とか朗読させられています。
辛いですsweat01

投稿: HAMA | 2012年8月23日 (木) 20時17分

秘境は楽しいです

投稿: きへん | 2012年8月24日 (金) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剱岳・立山登頂! 8.6-7 | トップページ | 夏休みの花鳥風蝶 8.14更新 »