« 猛暑の頃 7.28 | トップページ | もう1つの立山 8.8 »

剱岳・立山登頂! 8.6-7

先週一週間,夏休みをとって遊び呆けてきた。まず,その中のハイライト・剱岳登頂をブログアップする。8/6の早朝に帰省先・名古屋を立ってクルマで富山県立山へ。ケーブルカーと高原バスを乗り継いで室堂10時AM。そこから単独登頂開始した。

P1020360_edited1 P1020418_edited1

室堂は曇だが,晴れることを信じて登攀開始。今年は6月の低温もあって残雪が多い。子供も登る雄山へのルートにも雪渓が頻出。登るにつれて小雨も・・・

P1020950_edited1 P1020987_edited1

1時間30分で雄山山頂。本当のてっぺんは雄山神社の中にあるが有料500円なのでパス。25年ほど前に来た時もパスしたような記憶。鳥居越しに安全を祈願。願いが届いたのか,この頃から晴れてくる。通過して振り返ると雄山が綺麗に見えた。

P1030014_edited1 _dsc5337_edited1

この山域の最高地点3015Mの大汝山を通過。格好いい山ガールが休む富士の折立も快調に通過。

_dsc5377_edited1 _dsc5415_edited1

右に内蔵沢カールの雪渓を,左に室堂を眺め進む。

_dsc5440_edited1

真砂岳付近の稜線でライチョウと遭遇。ペアでいた。この時期ペアでいるのは繁殖に失敗したカップルのはず。今年はペアが多い。これも6月の低温の影響だろうか。おかげでオスが見やすいということなのだが。

P1030017_edited1 _dsc5564_edited1

のんびりしていたら雲が湧いてきて遠雷も。稜線でカミナリは恐ろしいので,急いで別山乗越を越えて剱沢へ降りる。テント場に着いたらまた晴れた。

_dsc5580_edited1 P1030032_edited1

晴れたと思うとまたガスが出る。結局そのまま夕闇。夜も天頂には星が出る時間もあったが,概ね曇のまま。風も回っていてやや不安のまま朝を迎えた。

---------------------

_dsc5627_edited1 P1030042_edited1

早朝4時に晴れることを信じて取り付く。電波が入らず最新情報が無いが,昨日調べた天気図からは大崩れは考えにくい。昨日と同じような晴れたり曇ったりを想定して,上下雨合羽で装備。案の定一服剣付近は強い雨に遭ったが,難所が始まる前剣付近でほぼ雨も上がり快方の雰囲気。大丈夫,行ける。

P1030054_edited1 P1030061_edited1

高度感のある平蔵の頭を慎重に通過。先行するご夫婦に道案内してもらうように進む。いろいろお世話になって助かった。

P1030063_edited1_2

有名なカニのタテバイ付近。スリリング。ボクは邪道だけれどクサリに頼って腕力で懸垂して攀じ登る。単独行だから,何箇所かは腰ロープとクイックドローでクサリを結ぶ。気休めだけれどね。まあ,これも上級者には笑われるだろうが。

P1030083_edited1 P1030078_edited1

ついに登頂。剱沢から3時間20分。天気も晴れに向かい,時に後立山の山が見えたりしたが,すっきりは晴れなかった。でも気分爽快! 朝方の雨のせいもあり山頂は空いていて10名弱。征服感を共有。

P1030092_edited1 P1030099_edited1

帰路も遠いので8時AMに下降開始。息を抜けない難所が続く。カニのヨコバイのトラバースと続く鉄ハシゴが白眉。

_dsc5692_edited1_2

振り返ると晴れ渡った剱岳主峰!すばらしい!

_dsc5687_edited1 _dsc5744_edited1

しかしボクの場合,ここからが辛い。難所ではないところの下降がめっきり苦手になった。若い頃は走るように降りることができたが,山行復活後は足首が踏ん張れず捻挫寸前。慎重に足を運ぶから重力を殺すことになって膝が笑う。

_dsc5734_edited1 P1030150_edited1

オコジョに励まされてもテント場に戻るのに4時間かかった。登りより遅い。テント場は朝方雨が降ったようで撤収にやや時間がかかる。軽量化に挑戦して,ツェルトとオーバーシュラフというチャレンジだったが,雨が夜中だったら辛かったろう。改良検討せねば。

P1030171_edited1_2

別山乗越を登り返すと立山が目前に広がる。しかし下山ピッチは上がらない。

_dsc5813_edited1 _dsc5841_edited1

みくりが池は4時PM過ぎ。それでも何とか最終一本前の5時PMのバスに間に合った。室堂からは僅かに剱岳の西半分が見える。名残の風景。

見飽きぬ景色に後ろ髪引かれながら富山に下山した。

<写真はクリックすると大きくなります>

|

« 猛暑の頃 7.28 | トップページ | もう1つの立山 8.8 »

コメント

WooooooooooooooooooW!!!!!
I can't believe such a beautiful sight!!!!!

これは素晴らしい景色ですshineshineshine

投稿: HAMA | 2012年8月23日 (木) 20時29分

アルプスの山上は別天地です。下界に帰りたくありません

投稿: きへん | 2012年8月24日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑の頃 7.28 | トップページ | もう1つの立山 8.8 »