春の渡りは最終節 5.19更新

多摩地方の今年の春の渡りは、おおむね好調だった。キビタキは連休前から連休後まで間断なくやって来たし、オオルリも数多く確認できた。その楽しみもいよいよ終盤。留鳥の子育てや昆虫の世界に季節が進んでいく

_d851610_edited1_d851687_edited1_d851626_edited1

この鳥がやって来ると春の渡りはだいたい終わる。サンコウチョウの立ち寄りは例年より少なかった印象だが、立派な尾をもつ成鳥が寄ってくれた

_d850864_edited1

やはり渡りの終盤にやってくるエゾムシクイ

_d850814_edited1_d858520_edited2

ブログにアップできなかった他の鳥たち。おそらくマミチャジナイとコマドリ

_d851776_edited1

渡りの鳥の姿が消える頃発生するアカシジミ。昆虫の季節の号砲だ

_d851855_edited1

そして留鳥の子育て。カイツブリの雛がお目見えしたが、葦原の中で充分育って、もう背中に乗らない

_d852038_edited2

バンも子育て。犬の散歩やジョギングランナーが増えたせいか、あまり外に出てこない

_d852244_edited2

コチドリも誕生

_d852013

ムクドリもどこかで子育て中。トンボを捕まえて巣に戻るところ

 

梅雨入り前にもっと渡りの鳥が寄ってくれるといいな。

| | コメント (0)

連休の山 GW

毎年連休は近場の山に新緑を探しに行く。今年は富士山を挟んで南と北を歩いた。山歩きというより鳥探しがテーマ。4月の冷え込みで季節の進みが遅れていたが、探鳥は好調だった

_d858720_edited1_d859834_edited1

富士山は春が遅れ気味。見上げた五合目は雪景色。それでも晴れが続いて農鳥の雪形が現れた

_d858938_edited1

新緑のクロツグミ

_d858783_edited1_d859208_edited1

キビタキ、オオルリが山ではひときわ美しい

_d858651_edited1_d859005_edited1

ゴジュウカラとコサメビタキ

_d850046_edited1_d850009_edited1

けたたましいミソサザイ、軽やかなコマドリ

_d850205_edited1

神秘的なマミジロ。毎年追い求めているが、今年は一番の接近

_d850307_edited1_d850351_edited1

マミジロ天国!

_d850502_edited1_d850622_edited1_d850577_edited1

コマドリ天国!

_d850644_edited1_d850716_edited1

コツバメと苔むした古木

 

絶好調の連休の山だった。

| | コメント (0)

巣立ち 4.28更新

まだまだ渡りの只中だが、留鳥の巣立ちが始まっている。営巣中は近寄るのを遠慮しているが、巣立って賑やかに騒いでいるとカメラを向けてしまう。天敵に狙われず育つことを願うばかり

_d858095_edited1

育つと狂暴なモズも雛は非常に可愛い

_d858256_edited1

巣立ちびなと言えばこれ。今年も見ることができたエナガ団子

_d858213_edited1_d858224_edited1_d858220_edited1

多摩の里山の春の花。ギンラン、キンラン、ムサシノキスゲが咲き始めた。連休中に最盛期を迎えるはずだ。

 

平成から令和へ。いい連休であればいいな。

| | コメント (0)

はやピーク! 4.21更新

今年は春の渡りが好調だ。すでにピークの様相で、十連休まで残ってくれるか心配なほど。急に夏鳥モードになったので体がついていかないが、頑張って早朝からフィールドに出た


_d857666_edited1


キビタキの爽やかな囀りがあちこちから聞こえてきて、早朝は気持ちいい


_d857560_edited1


センダイムシクイも枝から枝へ虫探ししていて楽しい


_d857609_edited1


アカハラが樹上に集合している


_d857581_edited1


クロジも樹上にいる


_d857716_edited1


ヤマガラは山に帰らないのか?このまま営巣するのだろうか


_d857603_edited1


シロハラもまだ残っている


_d857613_edited1


キンランが開花


_d857766_edited1_d857892_edited1


U16キリンレモンカップを見てきた。レアルのPIPIこと中井君が人気。下馬評覆して、大会はFC東京が優勝!


 

| | コメント (0)

一気に夏鳥の渡り 4.14更新

春の激寒からようやく抜け出し、本格的な春がやって来た。移動性の低気圧がめまぐるしくやって来るが、接近して通り抜けるまでは強い南風が吹く。週末は、そんな暖かな南風だった。眠い目をこすって早朝からフィールドに出た

_d857330_edited1_d857200_edited1_d857143_edited1_d857004_edited1

今年は極端な花冷えが続いたため、夏鳥に到着まで桜が残った。一番乗りのキビタキも花見を楽しみ、われわれはその姿を見て楽しんだ

_d857461_edited1

キビタキは続々到着している。新緑にキビタキ。やはりこの色合いが似合うう

_d857365_edited1

オオルリも到着。高いところから降りてこないが、これもオオルリらしい

_d856818_edited1

毎年山に向かう前に集合するアカハラ。まだ数は少ない

_d856830_edited1

ビンズイもいた。この時期会うのは珍しい

 

連休までいろいろな鳥が来るといいな。             

| | コメント (2)

しあわせな春の日 4.7更新

花冷えが続いたので桜の満開が一週間以上楽しめた。そして週末は暖かくなって、一年で一番幸せな春の日になった

_d856437_edited1

_d856470_edited1_d856406_edited1

夏鳥がやってきた。頭の黒いノビタキが菜の花で遊んでいた

_d855972_edited1

_d856147_edited1_d855738_edited1

満開の桜

_d856226_edited1

_d856493_edited1_d856083_edited1

桜で遊ぶ鳥

_d855954_edited1

菜の花の黄色で染まる川面に浮かぶシマちゃん

_d856595_edited1_d856554_edited1

カタクリも咲いた。白いマルバスミレも可憐

_d856539_edited1

_d856623_edited1

フデリンドウも咲いた。珍しい白いフデリンドウも

_d856330_edited1_d856315_edited1

沢山の虫を運ぶエナガ。もう雛が孵ったのだろう

_d856276_edited1

空をサシバらしき鷹が飛んだ

_d856342_edited1

_d856348_edited1_d856357_edited1

芝生にも春。もうじき旅立つツグミ、案外ステキにみえるムクドリ、遠くに珍鳥も

 

しあわせな日々が続くといいな。

| | コメント (0)

華やぐ春日 3.24更新

桜が開花すると気持ちが高まる。久しぶりに鳥もいろいろ登場してフィールドが華やいだ
 
_d855414_edited1
ちらほら開花し始めたソメイヨシノに久しぶりのベニマシコがとまった
 
_d855296_edited1_d855304_edited1_1
ペアで葦原に来た
 
_d855537_edited1_1
冬を越し紅が美しい
 
_d854983_edited1
満開のオオカンザクラにはメジロ
 
_d855166_edited1
コチドリのペアもやってきた
 
_d855184_edited1
ツバメもやってきた
 
_dsc0095_edited1
越冬したタシギ
 
_d854891_edited1
なぜかコウモリまで昼間に飛翔
 
_dsc0065_edited1
多磨霊園のしだれ桜
 
_dsc0051_edited1
外来植物だけど春を感じさせるヒメオドリコソウ
 
 
来週も春満開を期待!
 
-----------------------------------------
ココログの編集機能が一新された。勝手が違って改善されているのかどうかわからない。出来上がりもちょっと変わるかもしれない・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

開花続々 3.17更新

諸事あって忙しく、今冬は鳥見時間が限られた。冬鳥があまり来なかったことも理由のひとつだが、夜更かしが多く早起きできなかったことが主因だ。気が付くと春が来ていた。暖かくなると寝不足でも寝床から出られる。早起きしてフィールドを点検した
_d854864_edited1_3
_d854765_edited1_d854801_edited1
寒桜は彼岸前に満開になる。メジロが来ていた
_d854842_edited1
こんなのも来た。ワカケホンセイインコは花を食い散らかす
_d854603_edited1_2
一番多く来るのはヒヨドリ。縄張り宣言して他の鳥を追い払う困った鳥
_d854589_edited1_2
そのヒヨドリを狙って突っ込んできた鷹。若いオオタカだろうか。空振りで収穫なし
_d854543_edited1_d854555_edited1
梅はもうそろそろ終わり。ジョウビタキもそろそろ旅立つ
_d854519_edited1_d854573_edited1
シュンランもタチツボスミレも咲いている
_dsc0125_edited1_dsc0229_edited1
そしてFC東京は先週と今週と味スタで連勝して首位
 
いい春が続くといいね。

| | コメント (0)

ようやくの雨が長雨 3.3更新

ほとんど雨が降らず心配された冬だったが、急に雨続きとなった。土曜にフィールドに出られなかったので、日曜の雨の中少し歩いた
_d854402_edited1_2
雨の中のアオジ
_d854406_edited1_3
_d854415_edited1_d854417_edited1
雨に煙る紅白梅。シュンランは一輪だけ蕾が見えた
_d854434_edited1_2
_d854441_edited1_2
雨でいっそう静か。シロハラを見つけるのが精いっぱい
_d854450_edited1_2
灰色の空を背景にシメの群れ
 
来週はFC東京ホーム開幕戦。晴れるといいな。

| | コメント (0)

急に暖かくなった 2.25

急に暖かくなった。バイト仕事が立て込んで、久しぶりに月曜から土曜日まで仕事してしまったので、せっかく出歩くのが楽しい季節になったが時間がとれない。それでも短時間でいろいろ楽しめる時期でもある

_d854074_edited1_d854165_edited1_3

ミスミソウ(雪割草)が咲き、一輪だったフクジュソウもたくさん咲いた

_d854204_edited1_d854202_edited1

冬の虫観察会が行われていた。菰開けではテントウムシの越冬集団

_d854139_edited1_d854103_edited1
_d854150_edited1_d854155_edited1

鳥も何となくのんびりムード。ホシゴイ、アオジ、キセキレイ、ツグミ

_d853932_edited1_2

ハイタカ若が近くを悠然と飛ぶ

_d853969_edited1_2

オオタカも悠然と飛ぶ

-----------------

_d854373_edited1
_d854355_edited1_d854287_edited1

毎日のように通る都心の公園。今年はニシオジロビタキが越冬した。仕事途中に少し立ち寄り。梅の木で遊ぶ

 

雨が降らないのが気がかりだけど、休日は晴れるといいな。

| | コメント (0)

«静かな季節の移ろい 2.17更新