春の花咲いた 3.20更新

3月はあわただしく、あっという間にお彼岸になった。朝冷え込んでも、すっかり春めいてくるから不思議だ。まだ春の鳥はやって来ないが、春の花が次々咲いた

_81a1139_edited1

早咲きの山桜。まだアトリがいる

_81a1224_edited1_2

シュンランはすっかり育っていた。例年咲く場所は今年はまったく花芽がなかったが、少しずれたところに咲いていた

_81a1296_edited1

ニリンソウも陽当たりの良いところだけ咲き始めた

_81a1326_edited1_2

カタクリも一輪

P1110866_edited1P1110886_edited1

アンズとスミレ

_81a1252_edited1_81a1427_edited1

ヒメオドリコソウとツクシ

_81a1166_edited1_2

カワセミペア

_81a1226_edited1_2

エナガの尾が曲がっている。巣立ちはいつだろうか

------------------

P1110626_edited1P1110798_edited1

多摩川クラシコ激勝

 

そろそろ春の鳥が来るといいな。

| | コメント (0)

春ブレーキ 3・11更新

梅、河津桜、サンシュユと順調に開花してきたが、3月に入って寒気が抜けない日々。春にブレーキがかかっている。この週末は仕事や野暮用が建て込み、散歩は少しだけ

_81a0606_edited1

寒気のおかげで大寒桜が一週間満開のまま

_81a0749_edited1_2

アトリもまだ滞在中

_81a0052_edited1_81a0088_edited1

アオジとシロハラ。まだ帰る気配がない

_81a0136_edited1_2

カイツブリは春。ペアで鳴きかわしている

-------------------

開幕好調だったFC東京も急ブレーキ。大阪でガンバに大敗。

大阪まで遠征は無理なので、夢の島にU23を見に行った

_81a0899_edited1_2

結果はこちらもNo good

 

そろそろ春全開になってほしいな。

| | コメント (0)

着々、春 3.5更新

早朝に散歩すると着実に春が来ていることを体感できる。気温が下がり霜が降りても日差しはしっかりりている。日の出もどんどん早くなってきた。鳥も着々と春の装いになってきた

_d814461_edited1_2
_d814402_edited1_2_d814522_edited1

ようやくイカルっが集まってきた。先週までシメの大群にイカルが少数だったが、今週はイカル50羽の群れに少数のシメだった

_d814887_edited1_2

越冬中のシマアジもすっかり凛々しい夏羽になった

_d814608_edited1

オオカンザクラが満開になった。メジロが群れで来る

_d814271_edited1_2

白梅にもメジロ

_d815159_edited1

ピンクの花にもメジロ。紅梅か桃か

_d815087_edited1

サンシュユにアトリ

-------------------

_d814791_edited1

今年は一味違うFC東京

 

暖かい春の日差しと東京の快進撃が続くとよいな。

| | コメント (0)

エナガの巣材運び 2.26更新

どんどん日の出が早くなり、登った太陽の日差しがしっかりしてきた。鳥たちの動きもどんどん春っぽくなってきている。土曜が仕事になってしまい、日曜だけ春探しした

_d814099_edited1

エナガの巣材は繭の糸

_d814121_edited1_2

必死で引っ張る

_d814120_edited1_2

もう尾が曲がっている。すでに抱卵中ということか

_d814221_edited1_2

見つけにくいビンズイもペアで行動

_d814172_edited1

アトリも大群の中で二羽が寄り添う。でもペアじゃないな

_d814232_edited1_2

池の鴨は若芽採餌に多忙。は旅立ち準備開始かな

 

どんどん春めいてくるといいな。

| | コメント (0)

大群襲来 2.19更新

群れる鳥と群れない鳥がいるようだ。いつもは群れないが渡りの時だけ群れる鳥もいるようだ。そして春先は群れる鳥が多いようだ。この春、府中界隈に大群の鳥が来ている

_d813037_edited1
_d813073_edited1_d813080_edited1]

この冬、どこに行っても群れに出会うアトリ。近所だけで千羽は越えているだろう。数えていないが・・・

_d813942_edited1_2
_d813561_edited1_d813246_edited1

先週あたりから集結し大群になって来たシメ

_d813678_edited1_2

シメの大群に少しだけ混じったイカル。イカルの大群はまだ来ていない

_d814015_edited1_2
_d813953_edited1_d813982_edited1

秋から池を占拠中のヒドリガモ。枯芝の下から芽生える新芽を探して人前にもやってくる

_d813706_edited1_2_d813635_edited1_d813739_edited1

騒がしく群れる鳥の代表格ヒヨドリは、この時期、花を独占しようと単独で縄張りを持つ個体がいる。ロウバイを花ごとむしったり、河津桜で花粉まみれになったり、椿にぶら下がって蜜を吸ったり

P1100519_edited1

花も大群? セツブンソウはまだ満開

 

来週は暖かくなるといいな。

| | コメント (0)

寒波続く 2.12更新

春の兆しは日に日にはっきりとしてきているが、寒波が続き寒い。山陰を中心に各地が豪雪だから、東京が一番恵まれているのだろうが、風が強い日が続く。たまに風が弱まると野川も凍る

_d811979_edited1

11日の府中はマイナス4.3度まで冷えた。風弱く池にも氷が浮いた

_d812102_edited1_2
_d812051_edited1_d812068_edited1

野川もよどみは凍った。クイナが氷上を歩く

_d812366_edited1

日差しがしっかりしてきた。日が昇ると暖かくなる

_d812251_edited1

久しぶりに青いルリビタキがいた

_d812647_edited1
_d812561_edited1_d812526_edited1

開花が早かった梅は、まだ見頃が続いている。開花以来ずっと寒いからだろう

_d812978_edited1_2
_d812740_edited1_d812924_edited1

陽当たりの良いところでは河津桜も開花した。メジロの夫婦がきた

_d812399_edited1_d812620_edited1
_d812639_edited1_d812611_edited1

春先はエナガが目に付く

 

エナガの巣作りがそろそろ始まる。

| | コメント (0)

立春 2.5更新

北風寒い日が続いたが暦は立春。ニシオジロビタキが抜けてようやく静けさを取り戻しつつあるフィールドをゆっくり歩くと、なるほど春が目に入る。昔の人の季節感覚に納得だ

P1080429_edited1_2

春を告げる花の代表格、福寿草

_d811315_edited1_2

野咲きのミスミソウ

_d811966_edited1_d811081_edited1
_d811300_edited1_d811647_edited1
_d811828_edited1_d811953_edited1

春が近づくと、越冬の鳥が慣れてきて、距離が近づく。フィールドが静かになり一人でいると、至近距離まで寄ってくる

_d811198_edited1_2
_d811255_edited1_d811875_edited1
_d811887_edited1_d811870_edited1

先週赤い鳥が見えた葦原で待つが、土日とも来なかった。来たのは、シジュウカラとメジロ。まれにホオジロとカシラダカ

_d811357_edited1_d811392_edited1
_d811549_edited1

空には冬の猛禽ノスリと、縄張り争いでバトルを繰り広げるオオタカ。空もだんだん春になって来た。

 

来週も晴れるといいな。

| | コメント (0)

寒暖差 1.29更新

平日に冷え込んで週末に暖かくなるリズムの1月だった。鳥はあまり気温を気にしないようで、日差しがはっきりしてきたのを察知して、シジュウカラが囀り始めている。寒暖差の激しい時期だが、そろそろ北に帰る鳥が出始める

_d810267_edited1_d810349_edited1

年明けから平日多忙で疲れ気味で遠征していなかったが、余裕ができたので北帰前の白鳥を見に行った

_d810454_edited1_2

朝焼けの飛翔

_d810584_edited1_2

青空の飛翔

_d810604_edited1_d810527_edited1

湖面を蹴って出発

_d810758_edited1_2
_d810663_edited1_d810809_edited1

上空を旋回して餌場へ

_d810301_edited1_d810572_edited1

コハクチョウ、オオハクチョウに混じってアメリカコハクチョウも

_d810942_edited1_2
_d811006_edited1_2

そしてハクガン。

大きい鳥もたまにはいいなと思ったが、茨城のツルは抜けてしまって空振った

----------------------------

_d819969_edited1_2
_d810018_edited1_d819842_edited1

近場もあわただしい。葦原の虫が活発になったのか、いろんな鳥が来る

 

来週は立春。晴れるといいな。

| | コメント (0)

主役が抜けた週末 1.22更新

連日、沢山のカメラマンを集めていたニシオジロビタキが抜けた。散歩の人たちといざこざを起こしたり、接写剤で虫を留める蛮行者が現れたりと騒然としていたが、これで静かになるだろうか。鳥も移動しつつある。季節は春にさしかかった

P1050234_edited1_2

祭りの後。モラルの無いカメラマンも押し寄せ、地元の人たちが交通整理に苦闘した跡。主役が去った案内が掲げられた

_d819149_edited1_3

夜明けを待つスズメの背景に月齢23の細い月。この月がもっと細くなり新月を迎えると旧暦の正月がやってくる。今年はその一週間後が立春だ

_dsc6339_edited1_d819164_edited1
P1050254_edited1_2

春が少しづつやってきている。日の出はぼんやり霞み、快晴なのに富士山もおぼろげ。セツブンソウは満開近し

_d819511_edited1_d819589_edited1_d819652_edited1

春めいてきたせいか、アオゲラが求愛ダンスしていた。模様をみるとどちらもメスのようにも見えるが、片方がオスなんだと思う・・・

_d819295_edited1
_d819245_edited1_d819227_edited1

ヤマガラもペア。もっともこの2羽は冬の初めから一緒にいたような気がするが

_d819378_edited1_d819402_edited1
_d819345_edited1_2

ノスリも2羽で飛んだ。たぶんペアではないけれども

P1050216_edited1_2
P1050219_edited1P1050229_edited1

心配事もある。浅間山が大工事中。堂山の北面はばっさり伐採されてしまった。昆虫は大ダメージだろうし、鳥も棲めないだろう。ムサシノキスゲなどにも影響が出るんじゃないか

_d818762_edited1_2

いろいろな鳥が移動している。先週突然現れたアカエリカイツブリも数日で抜けた。春に向けたいろんな鳥が来ると楽しい

 

来週はまた違う鳥が来るといいな。

| | コメント (2)

一転寒波 1.15更新

先週まで暖かかったが一転して大寒波がやってきた。北国は豪雪でセンター試験受験生は大変だったらしい。それに比べると東京はちょっと寒いだけだが、開花し始めた梅も震え上がる週末だった

_dsc6264_edited1_2

調整池は完全凍結。夜明けの残月が寒々しい

_dsc6304_edited1

メインの池も3分の2が凍結。僅かな水面にカモがひしめく夜明け

_d818948_edited1_2

開花した梅にやって来たメジロ。寒波は写真に写らないので春のような絵

_d818850_edited1

里山のトラツグミ。あちこちで工事や草刈りがあって居場所が無くなりそう

_d818861_edited1_d818895_edited1
_d819036_edited1_d818989_edited1

真冬の鳥と真冬の彩雲

_d819022_edited1

当地では見慣れぬユリカモメが長期滞在中。寒波の影響だろうか

 

来週はもう少し暖かくなるといいな。

| | コメント (0)

«春が早い 1.9更新