渡りは序盤か終盤か 4.22更新

寒暖差が激しい。寒いとコートを着た翌日は夏のように熱い。この週末は初夏の陽気。颯爽とフィールドを歩くが、渡りの主役が少ない。もう行ってしまったのか、これから来るのか。さっぱり分からない今年の渡り

_d859345_edited1

今季初キビタキ。渡りの主役が来た。しかし少ない。土日探したが、見かけたのはこの個体のみ

_d859555_edited1

地元のバードウォッチャの話題はこちら。いちおうエナガ団子なのだが、撮影の難しい場所に見え隠れ。ヒナは9羽か10羽かもよくわからない

_d859733_edited1

意外な来客。ヒレンジャクが通過。春先のシーズンは素通りで会えなかったが、意外な時期に遭遇。しかしわずかな滞在で飛び去った

_d859398_edited1_2

このほかの夏鳥っぽいのはアカハラくらい。しかし当地のアカハラの場合、どちらかというと冬鳥のイメージ。南から来たのか、これから北へ向かうのか、よくわからない

_d859503_edited1_d859396_edited1
_d859878_edited1_dsc0970_edited1

夏のような暑さだが、まだ冬鳥が残っている。イカル、シロハラ、ツグミ。ヒドリガモは土曜のいた10羽が日曜にはいなかったが。冬鳥の動きをみると、まだ渡りの本番はこれからかもしれない。期待しよう

_d859829_edited1
_d859909_edited1_d859870_edited1

もう1羽、気になる個体。アカハラと思ったが眉班がある。眉のあるアカハラもいるというから迷うが、アイリングが無いことからマミチャジナとしたいが、どうだろう

_d859764_edited1_d859779_edited1
_d859768_edited1_d859814_edited1

地元スナップ。アゲハ、黄色い多摩川線、コチドリ、この花の名前はシラン

 

次週は連休だ。晴天の夏鳥祭りを期待しよう。

| | コメント (0)

花は早く鳥はゆっくりと 4.15更新



予報は嵐の週末だったが、嵐は夜間に通り抜け、予想外に晴れた。勇んでフィールドに繰り出したが、残念なことに静かだった。今年の春は、花はかなり前倒しだが、鳥はゆっくりと渡っているようだ

_d859278_edited1
_d859271_edited1_d859274_edited1

キンランが早い。もう見頃の様相。数が多いのは、萌芽更新の効果か

_d859226_edited1_2

キスゲも数輪咲いた

_dsc0939_edited1_dsc0946_edited1
_d859294_edited1_d859193_edited1

ジュウニギランソウ、スミレの仲間、藤、ツツジに来たジャコウアゲハ

_d859159_edited1
_d859175_edited1_d859177_edited1

ようやく夏鳥。センダイムシクイ




_d859242_edited1
_d859253_edited1_d859200_edited1_d859286_edited1
_d859187_edited1_d859205_edited1

新緑。夏鳥はみつからず冬鳥と留鳥ばかり

_d859321_edited1_2

200を超えたヒドリガモも35羽が残るのみ。来週は会えないだろうな。

------------------

_d859097_edited1_3

おまけ。久しぶりのライファ。ウズラ

------------------

_dsc0956_edited1


今年はハナミズキも猛烈に花をつけている。花天国の春だけど、来週は鳥天国にならないかな。

| | コメント (0)

夏鳥待ちの時候 4.9更新

あっという間に桜も散っていよいよ若葉の春である。この週末は天気も良く、明るい気分でフィールドを歩いた。しかし残念。まだ夏鳥はほとんど到着していない。わずかに目撃情報があったが、自分が出会うことは叶わなかった

_d858747_edited1_2

夏鳥で紹介されることが多いアカハラは、多摩地方では冬鳥。連休前に集合して高原に向かう。キョロンキョロンの声が始まった

_d858806_edited1

シロハラも木に上るようになった。まもなくお別れ

_d858861_edited1_2

不思議な緑の桜「御衣黄」が満開

_d858879_edited1

フデリンドウが開花。盗掘する不届き者がいるせいか、近年大株がめっきり減ってしまった

_d858841_edited1_2

気の早いキンランが咲きはじめた

 

来週は夏鳥のさえずりが聞きたいな。

| | コメント (0)

春春春 4.1更新

昨春発症した花粉症2度目の春。くしゃみ連発、目がかゆいが、春の陽気にじっとしているわけにはいかない。Zoff6500円の花粉症眼鏡とマスクで武装して、春のフィールドを歩いた

_d857964_edited1_2

もうじき北に帰るツグミも花見

_d858100_edited1_d858157_edited1
_d858165_edited1_2

紅枝垂に来た鳥。ウグイス、アオジ、シジュウカラ

_d858191_edited1

花を食べるイカル

_d858285_edited1_2

菜の花とカワセミ

_d858365_edited1_2

菜の花とシマアジ

_d858636_edited1_dsc0833_edited1
_dsc0907_edited1_d858621_edited1_2

菜の花に来る蝶。キチョウ、メニシジミ、モンシロチョウ

_d858581_edited1_2
_dsc0886_edited1_dsc0868_edited1

春の妖精ツマキチョウ

_d858228_edited1_d858232_edited1

花からだんだん新緑。シメとイカル

_d858250_edited1_d858252_edited1

春の多摩川線

_dsc0706_edited1_dsc0920_edited1

ニリンソウも開花。野川は花筏

 

そろそろ夏鳥を見つけたいな。

| | コメント (0)

桜咲く 3.25更新

水曜日に雪が降ったのが、例年より寒かった冬の最後だったようだ。その後急速に暖かくなり、桜が咲いた。春の草花もどんどん咲いた。鳥は冬鳥が最後のサービス

_dsc0283_edited1
_d857919_edited1_dsc0292_edited1
_dsc0131_edited1_dsc0165_edited1

桜が一気に咲いた。早咲きの枝垂れとソメイヨシノが同時に開花

_d857596_edited1
_d857741_edited1_d857777_edited1
_d857835_edited1_d857750_edited1

春先になって近所の狭い葦原に居ついたベニマシコ。あと10日ほどで旅立つはず。今週末が最後のサービスだったかもしれない

_dsc0235_edited1_dsc0244_edited1
_dsc0211_edited1_dsc0245_edited1
_dsc0185_edited1_dsc0220_edited1
_dsc0257_edited1_dsc0271_edited1

春の草花

 

来週は春の蝶が見たいな、

| | コメント (0)

桜近し 3.18更新

寒い冬だったが不思議なことに桜の開花が早い。都心では土曜日に開花宣言が出た。府中界隈は数日遅れそうだが、もう目前。ソメイヨシノの前に寒桜が満開だ

_d856837_edited1_2

彼岸の頃に咲くオオカンザクラが満開。メジロが来た

_d857077_edited1_2

イカルがあちこちに分散している。ハクモクレンにもいた

_d857229_edited1_2

尾曲がりのエナガ。もう抱卵がはじまっている

_d856611_edited1

ヒドリガモの池に珍しくハシビロガモ。ペアになっているようだ

-------------------

P1300978_edited1_2

ようやくリーグ戦初勝利

 

来週は花見かな。

| | コメント (0)

色鮮やかな鳥 3.12更新

所用で土曜が忙しく、週末鳥見が日月にずれた。春の予報だったが朝の空気は冷たく冬支度で歩いた。今冬まったく見つからなかった鮮やかな赤い鳥と黄色い鳥に出会えた

_d856306_edited1_4
_d856296_edited1_2_d856319_edited1_2

赤い鳥ベニマシコ。葦原から飛び上がりしばし樹上で様子を伺い飛び去った。近所で散発的に目撃報告があったが見つけられずにいた。出会えてよかった

_d856423_edited1_2_d856427_edited1_2_d856448_edited1_5

黄色い鳥マヒワ。赤っぽい朝日に照らされメジロの緑に見えたが、よく見るとマヒワだった。数年前は、一羽見つけた翌週に大群が入ったが、今回はどうだろう

_d856338_edited1_2

冬の青い鳥ルリビタキにはまったく会えない。出会える青い鳥はカワセミだけの冬。そのカワセミも今年は少ない

_d856353_edited1_d856535_edited1

色のない白鷺も、繁殖期が近づくと羽が綺麗になる

_d856356_edited1_d856357_edited1
_d856462_edited1_d856471_edited1
_d856489_edited1_d856510_edited1

エナガの巣作りが活発

_d856525_edited1_2

久しぶりにヤマガラ登場。秋口は沢山いたが、めっきり減った

_d856558_edited1_2

イカルは30~40羽の群れ。相変わらずナーバスで近づけないが、樹上にいるときはある程度寄れる

 

久しぶりに多くの種類に出会えた。鳥が増えてきた印象はないが、もっといろいろと見えるといいな。

| | コメント (0)

花粉飛ぶ 3.4更新

昨春から花粉症を発症し、人並みに春を恐れる気持ちが芽生えた。3月に入ると暖かい強風の吹く日々となり、くしゃみが連発し目がかゆい。相変わらず鳥は少ないが春の花は満開

_d856071_edited1_2

河津桜が開花。今年もヒヨドリが陣取りメジロが来ない

_d856120_edited1_2

シュンランも数株開花

_d856144_edited1_d856147_edited1

ミスミソウ。別名は雪割草。もう雪の気配はない

_d856112_edited1_d856139_edited1

ヒトリシズカ?、セントウソウ

_d856157_edited1_2_d856254_edited1

キクザキイチゲ、アズマイチゲ?

_d856166_edited1_d856182_edited1

スミレも咲いた。コスミレとタチツボスミレかな?

_d856202_edited1

越冬明けのルリタテハ

_d856221_edited1

冬鳥の少ない今冬で、このジョウビタキだけはずっと遊んでくれた。暖かく虫が動きだして嬉しそう

--------------------------

_dsc4605_edited1_2

人気のスーパーあずさE351系もあと10日あまりで引退らしい

P1300753_edited1_2

若くして引退した平山相太

 

FC東京が勝ち、色とりどりの鳥がやってくる日が訪れるといいな。

| | コメント (0)

開幕 2.25更新

オリンピック閉会式とJリーグ開幕戦があった週末。鳥見時間が足りないが、急いで近所を巡った。春めいた土曜日と一転し寒さが戻った日曜も、歩いてみると春を感じた

_d855703_edited1_2
_d855542_edited1_d855780_edited1

今春なかなか出会えなかった梅にやってくるメジロ。蜜吸いに必死で、人通りがあってもずっと立ち去らなかった

_dsc4404_edited1_2

池にいたキンクロ

_d855970_edited1_2

尾羽がピンと伸びたオナガガモ

_d855912_edited1_2

横腹の羽が乱れたシマアジ。何かと喧嘩したキズか?

-----------------------

_dsc4502_edited1_dsc4569_edited1

開幕ミニコンサートのスカパラと試合後の選手挨拶

 

どんどん春めいてくるといいな。

| | コメント (0)

季節進まず鳥変わらず 2.18更新

寒さが残る日々が続く。日曜は朝から強風が吹き荒れた。季節は冬で止まったまま。鳥も相変わらず少ないまま、家で羽生を応援しているのが一番の週末

_dsc4371_edited1_2

風がある日は凍らないが、水面が波立つ池の夜明け

_dsc4369_edited1

強風に震えるヒドリガモ

_d855366_edited1_2

富士は真っ白

_d855336_edited1_3
_d855337_edited1_d855343_edited1

イカルはずっと30羽くらいの小群。あまりフレンドリな群れではなく、近づけない

_d855314_edited1_2

なお咲き続けるロウバイ

_d855345_edited1_d855355_edited1
_d855359_edited1_d855351_edited1

寒くても梅は咲くが、メジロの姿はない

 

はやく暖かくなってほしい



| | コメント (0)

«彩雲 2.12更新