夏鳥はお仕舞いへ 10.14更新

少ないながらも夏鳥が通過して、それなりに楽しんだ季節だけど、いよいよ終わりのようだ。振り返るとキビタキのピークは9日だっただろうか。例年より遅く、そして数が少ないままだった。まだ少数が残るが、これからはどんどん冬鳥の季節になる

_d857837_edited1_2

まだわずかに♂のキビタキが残る

_d857827_edited1

秋の渡りの終盤は、ほとんどがキビタキ♀タイプになる

_d857801_edited1

秋の色合いが濃くなってきた

Img_20181013_073241_edited1_2

十月桜が満開。春のサクラと違ってもの悲しい

_d857791_edited1

早朝の薄暗い川に、冬鳥のキセキレイが来ていた

_d857784_edited1

池のカモの多数派が、カルガモからヒドリガモに変わりつつある

 

秋の後半戦は、鳥の数が増えるといいな。

| | コメント (0)

今年の渡り 10.9更新

猛暑のせいか、連続台風のせいか、例年に比べて夏鳥の渡りが少ない。遅れているだけではと淡い期待をしていたが、もう10月も十日。夏鳥終盤の時期だ。少ないながらも撮り貯めた写真を一覧するとそれなりの顔ぶれ

_d857730_edited1
_d856432_edited1_d856633_edited1
_d857719_edited1_2

この時期の主役キビタキ。壊滅的な少なさで心配したが、3連休前後にそこそこ見かけるようになった。例年も10月後半に渡るグループもいるから、もうしばらく可能性がある

_d856545_edited1
_d857117_edited1_d857453_edited1

当地では数少ないが、何とかオオルリにも会えた。春には全身真っ青になって帰ってきてくれることを期待する

_d856593_edited1

エゾビタキは、少ないながらも長期間いたので、遭遇機会は多かった

_d856011_edited1_2
_d856356_edited1_d856329_edited1

ノビタキも時々姿を見せてくれた。フライングキャッチで虫を追いかける

_d856861_edited1

ヤマガラも山から下りてきた。エゴの実貯蔵に忙しい

_d856789_edited1

そうこうするうち、写真が秋色になってきた

_d857620_edited1

冬鳥のイメージが強いトラツグミも来た。まだ渡りのグループで越冬隊はこれからだとは思うが

_d857007_edited1

池の冬鴨も日に日に数を増やしている。到着したばかりのヒドリガモは、水浴び・羽繕いを繰り返してエクリプス羽を換羽するようにみえる

 

まだまだ夏鳥の渡りが見えるとうれしい。

| | コメント (0)

連続台風 10.7

週末台風というらしい。なるほど毎週末に台風がやって来る。今回の25号は東京への影響はほとんどなかったが、先週の24号は大変だった。人命にかかわる被害はほとんどなかったが樹木はひどいことになった。3連休のレポートは後日に譲り24号禍をまとめておく

_d855790_edited1_2
_d855752_edited1_dsc2365_edited1_2
Img_20181001_092711902_hdr_edited_2

野川公園。野川沿いの柳が何本か倒れ、センター前の大木は観察園のフェンスを破壊して倒れた。これで当分の間、自然観察園は封鎖だという。二枚橋の野鳥ハイドにも大木が倒れこんだ。遊具近くでは、ユリノキやサワラが数本倒木。バーベキュー広場ではヒマラヤスギの巨木が何本も倒れた。三連休に間に合わせるべく撤去が行われたが、折れ枝落下が危険なところは立ち入り禁止で、まだ半分ほどのスペースしか使えない

Img_20181001_060104975_hdr_edited1Img_20181001_060414862_hdr_edited1
_dsc2257_edited1_2

武蔵野の森公園。エントランスの樹木が傾き、芝生の独立樹が完全倒木。台風で唯一?喜んだのは銀杏拾いのおじさん。今年は豊作だった銀杏が地面を覆い尽くさんばかりに落下

_dsc2326_edited1
_dsc2337_edited1_dsc2329
_d856532_2

多磨霊園。松は根が強いのか、幹の途中で捻じれるように倒れた。バスが通る中通りは翌日は桜の倒木撤去で通行止め。開花が遅れていた金木犀は、咲いたとたんの台風で地面を橙に染めて散った。一週間たってもなお、桜の巨木が横倒しになったまま手が付けられていない個所もある

_d854627_edited1

鳥への影響はよくわからないが、珍しく一週間にわたり滞在したヨタカは風雨とともに消えた

_dsc2294_edited1

台風一過の翌朝は、上空をオオミズナギドリが飛んだ。台風を避けて内陸に入り込んだのだろうか。倒木撮影で標準レンズだったので、豆粒のように小さいが、左のワカケホンセイインコの群れを追うように飛び去った

 

もう台風はやめてほしい。穏やかな秋晴れになるといいな。

| | コメント (0)

沈黙の秋 9.30更新

猛暑、豪雨、長雨、台風。誰もが異変を感じた夏が終わり秋の渡りの真っただ中の時期なのに、鳥がいない。いや、いることはいるが非常に少ない。レイチェル・カーソンを思い起こさせるような静かな秋になっている。それでも頑張って探すしかない

_d855534_edited1_4

エゾビタキは2週間くらいいてくれるが少ない。数羽しかいない印象

_d855139_edited1

この時期の主役キビタキ。オスは極めて少なく、高いところを飛ぶばかり

_d854981_edited1

エゴの実がたわわだがヤマガラがいない。ようやくみつけた。2羽しかいなかった

_d855023_edited1

ヒドリガモの第一陣が来たが、翌日には消えてしまった。当地で越冬するグループではなかったんだろうか

_d855076_edited1

ギンヤンマは産卵の季節

_d855471_edited1

アサギマダラが優雅に舞った

_d855353_edited1

キンモクセイが満開。例年より遅く花の付きも悪かったが、ここ数日でようやく盛り返してきた。花に付く虫を狙ってエナガの群れが来た

_d854901_edited1

紅葉は早いかもしれない。サルスベリはすっかり秋の色

 

台風一過で一気に渡りの鳥が来るといいな。

| | コメント (0)

チャンスが少ないけれども・・・ 9.24更新

猛暑の余韻で彼岸になっても暑いが、一方で雨ばかりで冴えない天気。異常気象を口に出すのも飽きてきたが、やっぱり例年と少し違う。秋の渡りの鳥が少ない。少ないチャンスを無駄にしないように歩くしかない・・・暑いけど

_d853939_edited1

近所の藪でノビタキ発見。4日間確認できたが、5日目に姿を消した

_d853693_edited1

三日月模様の謎ヒタキで驚いたが、羽が乱れたキビタキだった

_d854088_edited1

うす暗い中を空抜けで素早く動く鳥影はマミチャジナイ。翌日にはいなかった

_d851518_edited1_2_d851806_edited1_d851902_edited1

今年は異変。9月に入ってから見つけたカッコー雛。托卵親はオナガ。姿を見なくなって数日立つが独り立ち出来ただろうか

_d854006_edited1

ここにも異変。今頃出てきたホオジロの巣立ち雛

_d853624_edited1

例年通りの姿も。今年も来たシマちゃん。泳がせようと追い立てた輩が出現し、姿を消して心配した。こういう輩は直ちに鳥見をやめてほしい

_d854249_edited1_d854288_edited1

里降りヒョウモンがやって来た。右の個体は全身が緑に見える。これがミドリヒョウモンの云われなんだろうか

_d854392_edited1_d854399_edited1
_d854402_edited1_d854432_edited1

夏の蝶は最後の活動。ぼろぼろのキアゲハ、ナミアゲハ、クロアゲハ?。ツバメシジミはぼろぼろだけど交尾中。夏は終わったのだ

--------------------------

九十九里にミニ遠征

_81a1717_edited1_81a1701_edited1_81a2033_edited1

イワシを加えたグンカンドリ。なんでこんなのが居るんだろう

_81a1817_edited1_81a2014_edited1
_d852869_edited1_d853427_edited1_d852874_edited1_d853109_edited1

浜にはシギチ。ミユビ、ヨロネン、ソリハシ、キアシ、キョウジョ、フラグ付トウネンなど

 

例年のように、オオルリやキビタキが沢山わたるといいな。

| | コメント (0)

渡りが始まった 9.17更新

秋雨前線の雨と残暑の晴れが交代で巡ってきて、だんだんと秋がやってきた。まだ森は葉が繁り見通しがきかないが、探せば鳥の姿が見つかるようになった。避暑から帰ってきた留鳥や渡りの鳥が来たようだ

_d852298_edited1

2週間ほど前から目撃報告があったサンコウチョウにようやく会えた。もう最後の集団なんだろうか、アイリングのない幼鳥だった

_d852286_edited1

先週も会ったコサメビタキ。サルスベリの花の前にとまった

_d852471_edited1

エゾビタキも来た。ミズキの実はカラスが食べてしまってあまり残っていない

_d852215_edited1

キビタキもかなりやって来たが、ほとんどは♀タイプ

_d852396_edited1

ようやく一羽、オスを発見、あまり黄色が広くない個体だった

 

今年は鳥が少ないといわれているが、秋晴れの下でたくさんの渡りの鳥が見えるといいな。

| | コメント (0)

鳥探しがツライ暑さ 9.8更新

秋の渡りが始まっているが、相変わらず暑くて鳥探しは辛い。でも、東京だけが台風にも地震にも襲われていないのだから、鳥見できるだけで幸せを感じるべきだろう

_d850982_edited1_2_d850959_edited1_d851113_edited1

この時期の鳥探しは、エナガ混群を探すことから始まる

_d851213_edited1
_d851202_edited1_d851179_edited1

そうして目を凝らすと、渡りのゲストが混じっていたりする。これはムシクイ。頭央線が見えたから、おそらくセンダイムシクイ

_d851098_edited1

コサメビタキもいた

_d851360_edited1

キビタキの♀タイプらしき姿も確認。猛暑だが、秋の渡りは始まっている

_d851299_edited1

ゲストが混群に混じるのは、こいつらが襲ってくるときの警戒警報を共有するため。それでもこのツミは獲物をゲットしていた。犠牲者はわからない

_d851419_edited1_d851435_edited1
_d851472_edited1_d850935_edited1

猛暑時は蝶も飛ばないが、戻ってきた。いわゆる夏眠明けだったり、新たに羽化したり

_d851316_edited1_2

一方で、夏の終わりを感じさせる一コマ。地上に落下してほとんど動かないクワガタ。どうやら寿命が尽きたようだ

 

そろそろ、涼しく風のない秋晴れになってほしいな。

| | コメント (0)

少し遠出 8.31-9.2

野暮用でとんぼ返りで札幌遠征した。青春18きっぷで東北線を北上し八戸からフェリーで苫小牧に24時間後に到達した。一晩過ごして帰路はLCCで飛んできたが、ちょっと勿体ないショートトリップではあった

_d850080_edited1_d850108_edited1

朝一番で東京を立つと24時間後に北海道にたどり着く。青春18きっぷの他、バスとフェリーで7千円くらい

_d850231_edited1_2

数時間だけ余裕があったので、札幌円山公園を歩いた。ゴジュウカラくらいしか見つからなかった

_d850370_edited1
_d850364_edited1_d850288_edited1
_d850394_edited1

ここはリスが見える。歩いていても遭遇できるが、餌付けしちゃってる場所が何か所もあり、そこに行けば近くに来る。シマリスとエゾリスは同じくらいの数か

_d850337_edited1

円山山頂からの札幌市全景。右の銀色の建物が野暮用の目的地

_d850579_edited1_d850573_edited1

三田選手応援ツアー。好調の札幌にイニエスタ、ポドルスキーとともに乗り込んだ試合を観戦

_d850814_edited1

札幌は月が輝く晴天。秋の気配

 

東京も秋晴れを期待。

| | コメント (0)

復活した酷暑 8.26更新

猛暑猛暑台風猛暑猛暑。今夏ほど過酷な夏は記憶にない。少し前に平年並みまで「下がった」ときは涼しいと感じたが数日で終わり。この週末も酷暑、あまり出歩けず、少し散歩しても誰にも会わなかった

_d850038_edited1

見上げると夏の雲が沸き上がる。幸い積乱雲まで発達しなかったが、この時期の雲ではない

_d850054_edited1_d850047_edited1

カラスも暑くて口を開いて水場の近くにいる

_d850031_edited1_2

ナンバンキセル。もう終わったところもあるが、まだ見頃のところもある

_dsc1901_edited1
_dsc1887_edited1_dsc1971_edited1


金曜日のことになるが、こんな時期にカルガモ親子が池にやってきた。暑さで季節感が狂ったのか・・・

 

そろそろ平年並みくらいに涼しくなってほしい。

| | コメント (0)

ようやく酷暑終了 8.19更新

記憶にない暑さの夏だが、ようやく猛暑日が去ったようだ。朝晩が涼しく、日中も命の危険を感じないレベルに下がり、鳥見散歩する気が起こる。歩いてみると、秋近しが感じられた

_d859711_edited1

秋の空気が入り、藤さんが姿を現すようになった

_d859886_edited1_d859882_edited1
_d859883_edited1_d859740_edited1

混群が活動的になってきた

_d859752_edited1
_d859854_edited1_d859801_edited1

そして混群にゲストが。ムシクイが数羽入っていた。秋の渡りの先陣だ

_d859290_edited1_2
_d859313_edited1_d859312_edited1

ツバメも変わった。普通のツバメは塒集合に向かったのか数が減り、コシアカツバメが目立つようになった

_d859597_edited1_d859908_edited1

オオヤマトンボとオニヤンマ。夏のトンボがまだ飛んでいる

秋の気配が忍び寄るが、まだ8月。普通の夏をもう少し楽しみたいな。

| | コメント (0)

«摂氏40度 8.8